日本で、フィリピンの携帯にチャージをするには

フィリピンのSIMは寿命が短いので、次に旅行に行くとき、使おうとしたら電話番号が失効してしまった!
ということがありえます。

それを防ぐには、

1.帰国前に、有効期限に余裕のあるSIMカードを新しく購入しておく(最大一年間後までは、マニラであれば入手しやすい)

2.帰国後、

2-1 誰かに頼んでパサロードしてもらい、有効期限を延ばす
2-2 業者に頼んでロードをチャージしておく(日本でローミングサービスを使いたい場合は特に有効)
2-3 現地人にあらかじめお金を渡しておき、チャージしてもらう

もっとも賢い方法は2-2です。日本国内で、日本円でチャージすることができますし、金額も明細もはっきりと提示されますから信用できます。クレジットカードで支払えば、ほぼ同額程度でチャージできます。(手数料1円くらいでチャージできます)

2-3は、もっとも多くの人が行っていて、もっとも愚かな方法といえます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中