デング試行錯誤

最近、蚊のトラップの実験をしているんだが、なかなか奥が深い。

最初作ってみた罠は、当初わんさか蚊が集まってきたんだけども、うまくひっかかってくれない。
どうもコツがあるようだ。

広告

飛行機の遅延

あなたがNAIAで人を待っているとして、フィリピンの空港に映し出されている運行状況を確認したとしても無駄だ。

成田、羽田、中部に関空のホームページから、出発時刻をみたほうがいい。
体感として、フィリピンの空港の情報は遅い。日本の運行状況をみたほうが早い。

天候や気象情報も同様だ。フィリピンの気象庁(もちろんある)は、台風さえ予想できない体たらくだ。
そもそも気象情報は、全て日本が東南アジアに提供している。

当たり前の話で、東南アジアの国で、気象衛星を持っている国は無いからだ。
厳密にいえば、衛星(地球のまわりを周回できるレベル)を飛ばせる国は世界でたった10ケ国しかない。

海外にいると、現地の報道を信じたくなるだろうが、こと天候と飛行機については日本のほうが圧倒的に情報をもっている、と思ったほうが正しい。

ネット惨状2

優秀なIT技術者は、海外に今後も逃げるだろう。それにはわけがある。

まず日本では、法的にファイル交換などが出来ない。
次に日本では、ウイルス作成罪という法律がある。これは罪深い法律だ。

この法律が出来たので、日本ではウイルスを作成するのは違法になった。

コンピュータを学ぶ上で、ウイルスを作成するのはとても勉強になる。ウイルスを作ることが出来なければ、ワクチンを開発することもできないのだ。

今、日本がサーバを防御する基準は、サーバを攻撃する手順の内約6000手順程度を基準としている。
(それはたった数社だけが行っており、これだけで100万円以上かかるのだ。アホや)
ばかげた話だ。コンピュータを攻撃する手順は5日間で防御されるのが常だが、その間は攻撃され放題になるわけで、その手順は大体40,000種類くらいある。これはバレた分だけで、だ。このあいだのフラッシュの脆弱性は三年もばれなかった。

つまり日本は、企業も国家も、ほとんど無防備に等しい状態になっていて、守るにしてもウイルス作成罪があるおかげで守ることができないのだ。残念ながら、悪法といわざるを得ない。これを回避するひとつの手段として、海外に拠点を移すわけだが、真っ当に法律を守り、企業や国を守っている人々が、国から出ざるを得ないというのは国益上まずいんじゃないのと思っている。現にトレンドマイクロは日本企業だが、アンチウイルスソフトは、ここフィリピンで作っているのだ。日本はそれほど息苦しいのである。コンプライアンス!法律遵守!と叫ぶと、日本ではもう、その手の仕事はできないということになる。

コンピュータウイルスがあって、それにバインド(無意味なプログラムを付け加えて新種に見せかけること)させたら逮捕リスクがある。
これでは、ろくな検査は絶対にできない。マイナンバーの情報漏えいがどうのこうのと騒いでいるが、なにをいわんや、である。
前回の年金情報漏えいは、添付ファイルから侵入したという。よくある手にひっかかったわけだが、ちょっと笑えないんじゃないだろうか。

ネット惨状1

久々に誉められてしまった。

今日は、私の仕事を人に見られながら行うという、ちょっと変わった仕事・・まあ実況中継的なことをやったようだ。
「ようだ」というのは、私自身知らされてなかったからである。

そーしたところが、実に誉められてしまった。いわく、段取りが上手だと。さすがやねー等といわれると、悪い気はしない。

自分は効率ということにかけては自信がある。なんでかっていうと、ラクだからだ。
コンピュータの仕事なんてのは、一週間かかっても、10分で終わっても、得られる成果や報酬は一件として数えられることが多いので、自然と仕事をいかに早く終わらすことができるか、というのは重要なのだ。

昔は、これに気づかず、慢性的な眼精疲労に陥ってしまい、結局目の手術まで行うという代償を払った。
今は、自分の作業量や、限界を知っている。ようは経験を積んだということだろう。

私の仕事というのは価値観が分からないと、納品しても結果を出しても、誉められないことが多い。客が価値を知らないからだ。
自分が創意工夫して、「これやれるのは世界で数人だろうな!」というようなことをしたとしても、周囲の人たちにはわからない。
あっそう、で終わることも少なくない。

普通10日かかることを2時間で終わらせたとしよう。そうすると、他人から見て、簡単な仕事だと感じるようだ。
だから、これは10日かかるような仕事を1日で終わらせるのは凄いということを「知っている人」でないと、誉められることはない。
結局残りの9日を、「じゃあこれもやってよ」と言われるだけだ。

同じことは相場にも言える。見積もりの段階だと必ずいわれるのが「だいたい相場はいくらなの?」だ。
そのくせ相場を伝えると「高い!」これだけ。手を抜きたくなる。

たとえばホームページのトップページを製作するとしたら10万円としよう。
まだ、なにも話し合いも構想も設計もしていないうちから、10万円というと「もっと安くならないの」「知り合い価格で」などといわれる。
冗談ではない。トップページを7日かけて製作したとしたら、日給一万円ちょっとということになる。それで割引でもしたら、コンビニのアルバイト並みのIT土方となる。いくらなんでも時給300円くらいになると、電気代のほうが高くなるんじゃねーのということにもなる。
(フィリピンの電気代は日本より高い)
日本の業者が、テンプレを当てはめて製作する気持ちが、オレにはよくわかる。こういう依頼をさばくには、手を抜くのが一番いい。
どーせわかりゃしねーよ、ということである。そして実際、どーせわからない。

この間強烈なことを言われた。「そんなの、いまどき画像なんて、たくさんダウンロードできるでしょ。オレだって出来るわ!」
どうして佐野らないといけないんでしょうねぇ・・・。だいたい俺はデザイナーでもない。
商用ページなら、このへんはコストをかけて外注するのが普通だ。
オレはいつも日本の業者は使わないので結果的に激安になるんだけども、どうもみなさん、コンピュータの仕事というのは分業になっているという簡単なことを理解してもらえない。結果としてオレは器用貧乏になってしまい、なんでも一通りできる人というスキルを身につけつつある。

最近、なまじ良い評判が流れているので、それはうれしいんだけども、むちゃくちゃな依頼も出てきて、お断りするケースも出てきた。
仕事は欲しいし、うれしいんだけど、一人で土地を買い、基礎を作って家を建て、それを販売するというのは無理だ、と言えばわかるだろうか。

問題があったとき、その解決方法をあらかじめ知っていれば、その問題を把握して、解決することができる。これは作業だ。
問題があったとき、その解決方法を知らなければ、悩むことになる。時間制限のある業務で、これほどつらいことはない。
解決できないまま3日もたつと、もう仕事やめて散歩にいって、「行き詰まりました」と電話をかける。相手はガッカリする。そしてこういう。『で、いつ出来るの?』それが分かれば苦労はしない。相談できる相手も、知識を得る書物もないのだ。途上国に住んでいるということは、こういうペナルティがある。

それでもこれまで、全ての問題を解決できている。おそらく、問題にぶつかったらこうする、というロジックが、自分の中で出来ているんだろう。

たまにネットで、解決策を見つけることもある。それはアルゼンチンだったり、イランだったり、ベトナムだったりの国のひとたちが悩んで導き出した解答を見ることがある。(日本語ではほとんど話しにならないので初めからみない)
IT業界というのは世界中でライバルがいるので、思わぬ国に天才がいたりするものだ。
こういう名も無い人たちによって、この業界が支えられているといっても過言ではない。

それにしても、日本はITに関しては本当に遅れている、というか国内から脱出できない。
日本人同士、英語で会話することもザラだ。(お互い日本人だと気づかないままやりとりしている)
ぺネストレーションテストなんかだと、もう日本は周回遅れで、今後は海外外注になっていくんだろうけど、それって日本のコンテンツが、ハッカーたちによって攻撃されても防げないという、ある意味絶望的な状況になるのがわからないんだろうか。

コンピュータトラブルを質問する前にやってほしいこと

これを読んでから質問してください

1.まず問題解決のために「ヘルプ」「説明書」「インターネット」の三点を使って、自力解決を目指してください。
2.あなたの環境、OS,エラーのメッセージ、どういうトラブルで、どういう解決をしたいのか、予算はあるのか、いつまでに解決して欲しいのか、という情報を、とにかく詳細にください。『あなたの環境は、私にはわかりません!』
”今店にいるんだけど、印刷できないんだけど、どうしたらいいの?” これ実際にあった質問です。なにがなんだかわかりますか?
こちらが答えられるように、いったいなにがしたいのか、どうしたら解決なのか、好きな女性のタイプはなんなのか、童貞なのかニートなのか、全部連絡してください。初めての人は戸籍謄本と住民票と印鑑証明と無犯罪証明を添えてください。女性なら顔写真。とにかく状況がわからないと解決できません。

3.解決できないこともある
相談に持ち込まれるのは、パソコン、スマホがほとんどですが・・。こちらが一度も触ったことの無い機種であることがほとんどです。
有名ブランドでない場合、ソフトウェアのバグがある場合、解決方法がない場合もあります。

4.解決したら、解決しましたと連絡してきてください
相談してきて、自分で解決できた場合、それを教えてください。こっちは相談を持ちかけられているので調査しています。
うまくいったらもう用済み、という態度では、次回相談に乗る気力が失せます。俺自身はコンピュータじゃないから、感情があるんでねぇ・・。

windows10のトラブル(2)

プログラムが開けないという相談。

おそらくアプリケーションの関連付けに失敗しているか、画像ソフトが入っていません。

例) puyat.gif

というファイルがあったとします。ファイル名はpuyatですが、.gifってなんだ?

この三文字は、動くプログラムを表しています。(拡張子、といいます)
ですから、.gifだったら、gifというものをクリックしたら動くプログラムを、OSに教えてあげないといけません。

これはいままでは、ほぼ勝手に関連付けられているか、標準ソフトで動いていました。どうやら10ではそれがないようです。

ですから、画像を見るソフトを入れてあげて、「常にこのプログラムを使う」ということにすればよいです。

印刷については、そのソフトに入っていると思います。

なんかわかりにくいな、この文章。これ読んで解決できると思えないけど・・・ははは・・・

windows10のトラブル

ウィンドウズ10にしてから、どうしていいかわからなくなったという人が、続々相談に来ます。
中にはパソコン教室に通って覚えるといったひともいて・・・。いやはや。

どうしてトラブルが多発するのか

ウインドウズが、なぜこれほど人気OSとなったのか。それは「全部入っていた」からです。
要は、コンピュータの知識が無い人でも触れた。動かせた。これが良かったのです。

しかし、マイクロソフトのやり方は、「独占禁止法違反なんじゃないのこれ」ということになります。
OSに全部入っていたら、他のソフトが売れなくなるっ!ということです。

そこでマイクロソフトは、性能の低いソフトだけバンドルしたり、オフィスは別売りにしたりしたわけです。
マイクロソフトの技術が低いわけじゃなくて(低いわけが無い)高性能のソフトを全部OSに組み入れたら、もう全部それで完結してしまうから、それは法律違反になるかもしれないということになっているのです。

OSしか提供していないアップル、無料で配っているLINUXと比べ、ウィンドウズは法的には不利なわけです。

ウィンドウズ10は、この問題を、あの手この手ですり抜けてきたわけですが、いろいろ相談を受けているのは、まさにこれ。
「初心者OSという設計を、ついにやめたのかな」ということです。

ですから、10をいじくっている人は、このOSで勉強して、是非初心者を卒業してもらいたいですね!

NAIA-2 での待ち合わせ

NAIA-2での待ち合わせポイントについて,

NAIA-2で人と待ち合わせる場合、相手は「何番の柱んところで待っていてください、いけばわかります」というだろう。

そんなはじめて行く所で、わからなかったらどうしよう?!と胃が痛い人へ。この動画を2:00から見てください。これが柱です!

進行方向にむかって右手に柱がありますね?その柱にはでっかく番号が振ってあります。この番号の柱で待てということです。
だいたい13-16から、あなたは出てきます。(だいたい16である)外に出たら左に曲がっていけば、目的の番号にでます。とにかく出たら左。迎える側が車ならば、着いたら電話して15分くらいでくるはず。相手が車以外であれば、そのまま左に進んでいけば、多分その人そこにいます(笑)なぜなら、したの写真の奥には、あなたの飛行機の到着状況・空港の防犯カメラの映像を見ることができるからです。見つけられなかった場合、相手がまだ気づいてないか、このへんでなにか食べている場合が多い。

会えなかったらどうするか?
もしもあなたが、フィリピン初めてだったら、ヘタに動かないで、この写真を印刷して、この「レ・ビストロ」ってところでオレンジジュースのんで、自分の居場所を知らせておけばいいです。ここはネット・軽食・喫煙の三点セットに加えて座って待っていることができるからです。

77439596

マニラのホテルの選び方:予算編

日本でプロ野球球団なんか持っている、宇宙で一番信用おける「DeNAトラベル」で、サッとクレジットカードで飛行機とホテルを予約。久々の海外旅行にウキウキして荷物を詰め込んでいるあなた。

到着したホテルは、「24時間WIFI無料」なんだけど、たまたま今日は故障していて、(本当はずっと壊れている)冷蔵庫があった・・であろう空間だけがあって(連絡をすると、ソーリーといって、隣の部屋から持ってくる)、部屋の電気は、驚け!真っ赤な色が着いて、世界各国のエロい番組が流れている素晴らしいサービスがあるところを予約していませんか?

どうして日本の旅行サイトって、マニラの連れ込みホテルを堂々と紹介するんでしょうねぇ・・・。初心者には見分けがつかないですよ、写真ではっ!

だいたい、宿泊したことも無いヤツがホテルを紹介して、三ツ星だのなんだのと上から目線で評価しているんだから、どうしようもない。
マニラのホテルは口コミ情報だけしっかり読め。(特にオージーはこの手の話題に居様に執念深い特徴がある。彼らにとってホテル選びは親兄弟の生死よりも大切だってくらいのレベルで細かく書いてある。英語ができるならばオーストラリアのマニラ情報を読めば、行ったこともないのに事情に詳しくなれる。)

まず、予約サイトには、いろいろ書いてある。日本語対応OK!とか、高速インターネット!とか、空港無料送迎!とか、日本人の心をくすぐる内容だ。もちろん客引きのためである。
日本語対応OKだったのは数年前で、現地にいったらホテルの名前すら違った、高速というのはフィリピンの話で、計測してみたら0.5Mだった、それも部屋ではつながらない。空港送迎無料というのは確かにあったが、あなたの予約している帰国便の時間帯では決して無いという具合だ。これは誰が悪いのか?お前が悪いのだ!(笑)ホテルは全く悪くない。そこでイヤな気持ちになりました!とか言っているなら、もう来なくていい。シンガポールにでも旅行にいきなさい。まだフィリピンは無理です。

それがイヤだからみんな同じホテルに泊まることになる。そして日本人が日本人を紹介して、また同じホテルを予約する。という循環が生まれてくる。そういうところのホテルは、確かに日本人慣れはしているが、だからといってやさしいわけじゃない。
日本人客がたくさんきた!—じゃあ日本語できるスタッフ雇おう!朝食に味噌汁とゴハンを出そう!こんなことフィリピン人は絶対やらない。

そのホテルの代表格!あの楽天トラベル大先生で検索すると出てくるホテルが、エグゼクティブプラザホテルだろう!
宿泊は5000円以下、盗難もまあ大体ない、場所はエルミタど真ん中、徒歩圏には串料理屋と日本橋亭、セブンイレブンがある。
ブラウン管のテレビもちゃんと映るし、ションベンみたいなシャワーはお湯が出る。
しかも朝食無料だ!(その朝食とは、パン一切れを、さらに半分に切った代物とインスタントコーヒーと目玉焼きという内容だがな!)

世界でもっとも信用されている、楽天トラベル様の言いつけ通り、エグゼクティブプラザホテルを予約して、楽天スーパーポイントも賢くゲットした俺すげぇ!と思うのはいいが、現地にいけば飛び込みで泊まれるし、ホテルの真正面にでっかく予約無しでOKと書いてある。

俺に言わせると、こんなホテルは外れもいいところだ。なぜなら、日本人は声を出さない。
せっかく宿泊したホテルの部屋。お湯がでない、冷蔵庫が冷えてない、鍵がかからない、それでも何も言わないなら、それはそのサービスで不満はないという意味だ。それでボーイにチップ100Pも切っているから、ホテル側は付け上がっている。日本人がたくさん泊まっているからとって、日本向けのサービスをしているわけじゃない。たんにカモが沢山いてラッキーくらいのものだ。
そういうサービスを受けたいなら、JALパックを予約しろ。ドゥーシット・タイ・マカティに泊まれば受けられる。

白人がガンガン泊まるところは、ホテル側も対応する。去年(またも)オージーが、サービス内容が違う!と裁判を起こした(爆笑)
こいつらは、チップも払う、対価も払うが、言うことはいう。お金とサービスを交換するという考えで、こちらのメンタリティのほうがフィリピン人の感覚に近い。

あなたがもっとも日本的感覚を持ち込みたいなら、(俺は勧めないぞ!)ネットワールドホテルがいいだろう。ここは日本人経営者(マニラ日本人会のお偉いさんがやっている)ホテル正面には日本国旗、賭ける気を失わせるほどのドショボイカジノ、フィリピンですら見たことも無いような小さいベッド(一般男性なら、足首が出る)と狭い部屋、高い金額と高速インターネット、日本の衛星放送に複数の日本食屋、マッサージとサウナ込で1000Pのスーパー銭湯、よい立地がある。まれに日本人スタッフが常駐で雇われていることがあるので、運がよければ日本語で予約お願いします、で名前だけ伝えれば部屋を確保できる。相場の倍はするが、数少ない日本的サービスがある。女性単身でも泊まれるだろう。ビジネスでの出張で、体調管理したい人ならいいかもしれない。

マニラというかフィリピンという国は、あまり割引サービスというものをしない。ネットと当日予約の金額が、ほぼ一緒ということもある。それを逆手に取って、ホテル飛び込みで選ぶのは、海外で多少の冒険をしたいならば、良い経験になるだろう。
金額とサービスは、ほぼ比例している。例をあげると以下の通りだ。

1.200-300P 夜に鍵が閉まる場合がある、虫がいる、アメニティがない、エアコンがない、サービスがない、笑顔がない、扇風機がない、冷蔵庫がない、請求書も領収書もない、盗難はある、部屋に二段ベッドが二つ置いてあり、一部屋四名で寝る場合もある。

2.400-1000P エアコン無しが多い、清潔とは言いがたいが最低のレベルはある。個室。ぼろい。カード使えない。隣の部屋からセクシーな声が聞こえたりする。テレビはある。

3.1000-1500P 急に待遇が改善される。エアコン・テレビ・アメニティ・清潔なベッド・エレベーター・クレジットカード・日本からの予約・東横インクラスの朝食が出てくる。もっとも多い価格帯だから、競争も激しいので、顧客サービスは悪くない。ただし、先進国で泊まりなれているひとたちには薦めない。フィリピン全土の「東横イン」として、GO!HOTELとユーロテルの二大チェーンがある。どこも飛び込みで泊まることが出来て、朝食付きで、最低のサービスは全て揃っている。

4.3500-6000P 人気の無いファイブスターホテルのスタンダードルームを予約できる予算だ。都市型ホテルの全ての機能に加え、プール、ジム、ドクター、タクシー、送迎、ランドリー、接待でも使える各国料亭。忘れ物をしても、ちゃんと保管しておいてくれるレベルのサービスが期待できる。朝には、宿泊客の国籍に合わせた新聞がセットされるのが普通。うまいコーヒーも出てくる。
(一泊一万円という値段を払うんだから当然だ。)

5.8000P以上– 豪華プール、エントランスでの生演奏、あふれるほどの料理、コンシェルジェ、レンタカー、バスタブ、複数部屋、スタッフの笑顔、アーリーチェックイン/アウトなどが付く。一般の人はまず泊まれない。富裕層と外人しか用の無い場所。実はこのクラスが、今マニラでズンドコ建設しており、オープンしまくっている。昔ながらの高級ホテルが次々と撤退、ディスカウントしている状態だ。

ハイアット(マラテ)は移転したし、シャングリラ系のトレーダーズホテルも維持できず撤退。ヘリテージは営業収入40%減になり、本当にヘリテージ(遺産)になってしまっている。いまや一万円で泊まれる時代なのだ。一方でベイサイドの価格設定は強気で、一泊3000円からというところまで現れた。(こうなると日本人でも高すぎる!)

フィリピンは今、旧態依然とした、サービス精神ゼロのホテルは駆逐され、資本の強い新築高級ホテルがどんどん建っている。ハイアットパサイ、マリオットナイアはその筆頭で、投資、投機対象になっている。こういうところを視察したい人ならば、アジアの中ならまだ比較的宿泊費用が安いのでおすすめだ。

<結局どこがいいのか?>
もしも、ただ単に宿泊するだけで、一応ビジネス向で、会社から10,000円程度渡されている感じなら、2500-3000Pくらいのホテルなら、充分恥ずかしくないクラスのホテルに宿泊できる。立地だけで選んでもいい。口コミサイトの評価は古いものも多い。かつてマニラで隆盛を極めていたホテルに泊まるのも、一泊くらいならいいだろう。
少し豪華な気分だけ味わいたいんだけども、予算とも相談したいなら、シャングリラ・マカティとペニンシュラをオススメする。特にペニンシュラは古いが、マニラの正統な高級ホテルの気概を感じる、国を代表できるホテルだと思う。中華系のキンキラキンのホテルが悪趣味だというならば、ペニンシュラはスペインの落ち着いた血筋の設計だ。当然、マカティの最高の立地にある。待ち合わせで使うと、なんだかリッチな気分になれる。

<初心者はどこを選ぶべきか?>
なじみのホテルというのは、なかなか作りにくいものだ。その中で避けるところは、口コミサイトが日本語ばかりのところ、現地の新聞に広告を出しているところ。スタッフが妙に日本語を話すところは退散したほうがいい。エルミタの新築6階立てくらいのホテルは、だいたい外れはない。なんの経験にもならないが、さきほど書いたGO!HOTELに泊まってしまえば、トヨタの白のカローラのような、当たり障りのない選択だろう。そこを拠点にして、自分好みのホテルを探すという手もある。

番外編:
条件は二の次。旅情を楽しみたいなら、イントラムロス内にある、旧スペイン領当時そのままの、レトロホテルに泊まったら思い出になるだろう。世界遺産の中にあるホテルで、周辺を馬車で散策できる。予約サイトにはまず無いので自力で探すしかないが、それだけの価値はあるだろう。周囲は静かだし、コンビニもレストランもある。タクシーも広いやすい。お値段は1500-3000P程度。

マニラのホテル選びと地区紹介

ホテル選びについて。

マニラというのは治安が悪いイメージがあるので、(実際そうなんだけども)ホテルを選ぶ際に、迷うことだろう。
予算もあるし、場所もある。

仕事の待ち合わせだったらば、目的地にもっとも近いホテルの中で選べばいいので、さほど迷わないとしても、事前予約はしておきたいと思うなら、以下のポイントだけ押さえていればいい。

なお、今回は日本で、予約サイトを見て決めるという前提だ。

場所の選定:

帰 国前日だったら、パサイ近辺(マカティから見て南)で宿泊地を選ぼう。マニラの空港は全部パサイにあるので、空港近辺に泊まるのが最も良い。交通渋滞に巻 き込まれずに済む。エドゥサ通りの万年渋滞にひっかかると、空港から遠いホテルを選んだ場合は最悪だ。タクシーの中で、あなたが搭乗する日本行きの飛行機 を、タクシーの中で恨めしそうに睨んでも、飛行機は待ってはくれない。
パサイ地区のホテルを選ぶべきだ。

まったく場所が決まっていない、マニラで安全に遊びたいなら、マカティ地区が無難だろう。カネを払って安全を買うというやり方だ。
こ の地区は、日本の大正義大企業様—たとえばJALマニラだの、CANONフィリピンだの、三菱東京UFJマカティだの、全部固まっている。マニラ日本 人会の総本山があり、信徒の心のよりどころとなっているし、日本人病院だの、リトル東京だの、ラーメン屋まである—-がある。日本大使館に届け出があ る、ガッチガチのフィリピン在住者だけで、実に、10,000名余!
マニラから日本人は毎年減り続けているとはいえ、フィリピン・大和民族最後の牙城がマカティ地区なのだ。

そ のような地区なので、ちょっとビビるくらいの高層ビルが林立している。はじめて行った人は、誰もがみな「えっ、ここがフィリピン?」という感想を抱く。こ のへんでは、ヘタなカッパライだの、引ったくりだの、強盗だのはいない。高いサービスと、うまいメシと、高速インターネットが揃っている大都会がマカティ だ。さすがにフィリピンとはいえ、一国の首都である。ここを中心に活動し、夜はブルゴス(マカティのエロい遊び場)でもブラつけば、だいたい問題はおきな い。日本食が恋しくなったら、パサイ通り(上記のパサイ地区と同じ名前だが、ここでは通りの名前である)沿いをタクシーで走れば、鉄板焼きから焼肉から定 食からなんでもある。

マンダルヨン地区(マカティから見て北)もおすすめする。マニラの丁度中心にある、マカティのひとつ北の区だ。ここ に宿泊すると、マニラのどこにでも往復しやすい。北も南も、数駅圏内にあるし、東西どこに用事があっても、距離として図り易いからだ。電車・バス・タク シーも沢山あるので、とにかく機動力を確保できる。待ち合わせをする際も—日本人はたいてい運転手を雇っているので—大きなショッピングセンター をひとつ指定してやれば良い。マカティだと一方通行が多すぎて、かえって時間をロスするからだ。

パッシグ地区(マカティからみて南東):もしもあなたが、マカティですら生ぬるいほど治安に不安を覚えるならば、パッシグのグローバルシティに泊まりなさい。
こ こは、「マカティが都会になりすぎた・・・・。このまま一極集中するのは、さすがにヤバい・・・どっか副都心がいるわ・・・・」ということで作られた新し い街だ。都会というよりも、もはやここはフィリピンではない。なにしろジプニーの乗り入れ制限、トライシクルは住民以外禁止、もう金持っている外人以外用 は無いっ!という街だ。実際浮浪者がいない。信じられないことに本当だ。フィリピン最高の治安に加え、ここではオーガニックな野菜、安心できるサプリメン ト・ホビーショップ・うまい店・ユニクロに無印良品・・・・臓器移植さえできる、アジア屈指の超高級病院。街には高い犬を散歩している白人がいて、あちこ ちに現代彫刻や噴水があり、芝生で絞りたてのジュースを飲んで、夜はジャズがきける。これだけ安全で、清潔で、カネのかかる場所はグローバルシティだけ だ。
日本大使館付属日本人小中学校がここにある。大企業駐在員様のご息女、大使館外交官の子女様が、ランドセルしょって運転手に送迎してもらう学 校があるといえば、もうどれだけ安全かわかるだろう。ここには、フィリピンで体験できるエキサイティングな経験など全く無い。その代わり、治安と快適性を 買うことはできる。
なお、グローバルシティは便利なことに、NAIA3まで裏道がスポーンとあるので、もしもあなたのチケットにANAと書いてあるならば、最終日ここに泊まると、渋滞に巻き込まれずに空港までいける。

ケ ソン地区(マカティからみて北西):ケソン地区はマニラの中でも最大にデカイ地区なので(そもそもケソンはケソン州といって別の県だったのが、マニラと合 併して出来た歴史があるので、州サイズの地区なのだ)どこをどうとはいいにくい。とにかく治安は悪い。人が多いから事件も多いとも言えるが、出稼ぎ者が 掘っ立て小屋を建てて住む地区といえば、まずケソンは有力候補だ。よくいえばマニラの下町。
ケソンは、いまだにマニラと張り合うようなところがあり(そう、弘前と青森のように。福岡と北九州のように。)ケソン市民だけ勝手に祝日にしたり、ケソン独立万歳!などといってお祭りをやってみたりしている、外人にとっては理解しがたい場所だ。
も しもあなたが、フィリピンで怪しさを求めているなら、ノースSMシティ近辺は、初心者におすすめだ。盗品をさばくブローカーがうじゃうじゃいて、ちょっと 声をかけると、サムソンやらLGやら、哀れな被害者の顔写真が入った壁紙のスマートフォンを差し出してくる。もっともタガログ語が多少話せないと、金額交 渉はできないだろうけど。LRT周辺にあるホテルだったら、騒音さえなければ快適だ。

キアポ地区(マカティから見て西):正直オススメで きないが、パサイ・マカティの再開発に負けじ!と、最近伸びだしている地区。マニラの喧騒・屋台を求めるなら選択の余地は大いにある。キアポといえば偽造 パスポートだが、残念ながらもう使えない。フィリピンのパスポートは、世界でもっとも遅れていた(なんと手書きだった!)ので、ここでパスポートを作って 出稼ぎをするのが定番だったが、お節介な日本という国が、「俺の国のパスポート発行機械、そのままそっくりプレゼントしたるわ!」ということをしでかした ので、フィリピンのパスポートは先進国最高レベルの印刷技術となり、キアポの偽造屋が作れるはずもなく手を引いた。運転免許も、賄賂の相場が下がったの で、ホンモノを買うほうが安くなり、下火になっている。この地区の行きかたは、少々初心者にはハードルが高い。LAWTONめがけていくといいだろう。
安宿ばかりなので、日本からデッカイ荷物をゴロゴロひっぱっていくのはオススメしない。
この地区は中国人の牙城である。中国人のいるところ、何がいいってメシがうまい!中華料理は日本人の味覚と親和性抜群だ。

質問されて困ること・イライラすること

さて、結構書いたな。

今回は質問されて困ることを書こう。

・フィリピンに何年くらいいるんですか?

これは困る。いちいち数えてないからだ。
渡航回数が分からないくらいでないと、住んでいるともいえないと思うし。
だいたい最初は、他の国をいったりきたりしながらなワケで、正確にわかる人っていないんじゃないかな。
でも絶対質問されるし、返答に困るのがこれだ。国際線なんてもう本当に覚えてない。別に自慢ではない。

・なんでフィリピンなんですか?
これも困る。仕事だからとしかいいようがない。別にこの国に魅力を感じているわけじゃない。子供のころから海外生活にあこがれていたわけでもない。なりゆきでそうなった。

・ペラペラですね
バカにしてると受け止めてる。だいたい外国語ってのは、自分以上に話せる人がいるとそう感じるだけ。俺なんか片言もいいところだ。
母国語以外の言語は、絶対にばれるものだ。

・なんで日本に帰らないんですか?
そんなのオレの勝手。

・貧しい人と手を取り合って、本当にえらいですね
口ではなんとでもいえる。映画館で流すような涙を流されても、俺にはピンと来ない。じゃあ代わってあげましょうか。
ただの貧乏人の、それもフィリピン人ホームというところで、きれいごとなんて通用しないですよ。そのなかでマシと思えることをやるだけ。だいたい俺はボランティアってのはきらいで、本来フィリピン政府が国民を守るべきだと思っている。俺たちの政府が日本国民を守るのと一緒だ。でも手伝いはする。左翼的な草の根をしているわけじゃない。命の使い方として、多少マシなことでもやっておくかといった程度だ。それでもやらないよりはよっぽどマシだし、銀座の募金箱にカネいれるより直接渡したほうがいいと思っているからだ。

・何人もの命を救って本当に尊敬します!
カネあげないと死ぬっていう局面で、さすがにカネがあったら出しますよ。フィリピンは別に感謝もされないし、ただ無駄にカネを使った気にさえなります。尊敬するのは勝手ですが、常識的な判断をしただけで、誰もがやる程度のことをしただけ。フィリピンの場合、こういうのが多い、多すぎるので、オレだけ負担になっているだけです。じゃあそのために、あなたお金を送ってくれるんですか?
うわべだけえらいとか凄いとか言われても、ある意味言われ慣れているんで、あなたへの扱いがかわるわけじゃないです。
たった一言のサンキューのために、6000円送れますか?駅前の飲み屋にいけますよ、ガソリン満タンにできますよ。それは悪いことでも何でもありません。だって地球のどっかのひとが死ぬなんて関係ないし、気にしていられないでしょ?なんでわざわざあなたがカネ払う?おれがビール買ったらどうするんですか?買ってもいいように多めに送金してくれるの?じゃあ渡した家族は?
愛は地球を救うとかいって何億円も集めてるけども、おれに3万くれたらよっぽど有意義に使ってやるよ。ただな?・・ま、そういうカネは善意で使われるとは限らない。それが現実。愛は地球を救わないけども、愛は人を救うかも知れない。

 

空港での待ち合わせについて

マニラには、NAIA1.2.3.4があるけども、待ち合わせの場所を、はじめてくる人に説明するのが大変疲れる。

なにしろ、空港から電車がないからだ。空港で待ち合わせするしかないのだ。一応、NAIA3でいま工事しているけどね。
NAIA1はボロいだけあって簡単だ。外にでて、スロープ降りて、アルファベットで待ち合わせ。
NAIA2は?適当に会う
NAIA3は?あそこは狭いから問題ない
NAIA4は?国内便しかないだろボケ

絶対間違いなく会える!という、どの空港にもひとつはあるランドマークがないのだ。
いわば、シブヤにおけるハチ公がいない。

なので、日本の携帯さえオンにしてもらえば、だいたい電話して誘導して会うというのが普通です。
こちらを警戒して、初対面の人なんかだと大変ですけども、まあ最初だけなんでね。だいたい警戒しておいて、迎えに来いというのはおかしい(笑)

フィリピン政府にはね、いまさら何もないけども、各空港に、銅像をたてて欲しいね。そしたらこっちはだいぶラクなんだけど。
空港に、国の英雄の像があるのはなんら不自然じゃないからね。そういった利便性を、ひとりあたり5000円もとっている空港利用税のほんの一部でも使ってくれると助かるわ。

ま、フィリピン国民というのは、実用ということは考えてないし、設計だってODA(あっ俺の国だ)で適当だし、利用者目線というのがない。役所だからといっても、驚くほどなさすぎる。全くないといっていいだろう。 0です。
フィリピンの政府役所は、フィリピン国旗を見上げて、胸に手を当てて国歌を歌わせるのが大好きだけども(映画館の中でさえあれやってる)ほんとにお前ら国のこと考えてる?って感じ。日本の役人が輝いて見えるね。
——–
こういうノリは、フィリピンには全くない。4:48から見てもらって、悔しくない・・っていうかなんで?と質問してくるのがフィリピンです。
そしてそれはそれで、そういう価値観があるわけです。

利己的な国フィリピンへようこそということで、自己紹介をしているわけです。
フィリピンが便利になるわけがない。これは100年たっても変わらないと思います。大人が居ない国がフィリピン。
でも、それでも別に悪くはない。

元来だらしない俺が、ものすごいしっかりモノになれる国だから・・・笑

フィリピンの女遊びについて

風俗について、語らねばなるまい。何度もきかれるからだ。

フィリピンの風俗というのは、細分化され、カテゴリ別に別れ、それぞれが他人の領分を侵さずに、それぞれ商売に励んでいる。
世界最古の職業で、なくなることはないし、その国その国でやればいい。俺たち外人は、無責任に楽しめばいい。

分類すると以下のようになる。

1.立ちんぼ
2.赤いクリスマスネオンが入り口に飾られているカラオケの置いてある現地人向けの店
3.ステージがあり、女が並んでいて選ぶことができる、マッサージルームがある店
3.『自由恋愛』して、自分の指定の場所に連れて行ける店4.違法マッサージ店
5.日本式キャバクラ

また以下のようなものもある
6.島で誘拐してきた女を監禁して売春させている店
7.児童などを働かせている(これは経験がない)
8.全身を洗ってくれる普通のサウナ。女性は洗い場に常駐している

バラエティは、日本と比べて貧弱であるが、かといって少ないわけじゃない。
もっとも選べるのはマニラ、アンヘレスくらいであり、普通の男性は、もっぱら2.ということになる。

この手の話題は、各個人で趣味が異なるので、ここでは場所だけ教えよう。

1.については情報が命だ。たまに極上の情報がある。私は残念ながら経験がないが、日本人なら一度はみな経験するのが、「一回だけお金が無いからカラダを売っちゃう女子大生」だ。道を歩いているとそういう交渉がはじまるみたいで、どうして俺だけないんだろう?
カビテに有名な通りがある。本番は500Pが最低。口だけで100Pなんてのもあるそうで、経験者も多いがオレはイヤだ。
2.これはいくらでもある。簡単なのは、ヘリテージホテルからタフト方面にいけば、腐るほどある。飲んでカラオケするだけなら安い。
3.マッサージ主体と、ステージ主体とで本来分類は違う。有名どころでいえば、マッサージ主体なら「エアフォース1」。なんと女性と一緒にいっても、女性には普通のマッサージ店のためにバレないため、旅行先でも男性が楽しめるというとんでもない店だ。ここを案内すると、だいたい堅い握手を求められる。一度新婚旅行のカップルを案内したこともある。 ステージ主体とは、ひな壇のオンナがたまにステージにあがって芸を披露したりする。ただのみに来るだけの冷やかし男性も多い。飲みながらマッサージしながら女の子の全裸を見ることが出来る。たまに警察の賄賂をけちって潰れたり看板をかけかえたりする。有名どころはパサイにあるが、ケソンやブルゴスにも複数あるので迷うことは無いだろう。現地に住んでいる日本人なら誰でも複数店知っている。知らないのはただの観光客だけ。
もっとも有名で、初心者が連れていかれやすいのがコンプレックスだ。日本大使館からヘリテージの交差点まで出て、そこからタフト方面にいけば道沿いにある。正直ここでトラブルを引き起こす日本人は多い。といってもぼったくりは一切無い。大体がわがまま、日本の感覚そのまんまのひとたちが、口の中にショットガン入れられるパターンだ。ここでのトラブルなら私解決できますので、お気軽にお声がけください。ママに貸しが沢山あるからね。
自由恋愛の店では、なんといってもLAカフェだ。一時警察が入って、ベイカフェという名前になった。ここのオンナと半年付き合ったことがあるので、ちょっと詳しいと思う(笑)んだけど、実はあのお店は、自由といっても女性の中でグループができていて、ボスにテラ銭が発生する仕組みになっている。LAには二階があるのをご存知だろうか。実は二階こそが、日本人好みの女がいるのだ。一階は女子大生とか白人向けのオンナがいる。それでもいいのだが、日本人向けの女のほうが初心者にはいいだろう。相場は一緒だが自由恋愛なので、事前にだいたいいくら払ったらいいか知っておけ。まあ2500-3000Pくらいなら問題はおきない。交渉は必ずすること。しないと怪しいと思われ、シャワーを浴びているときに財布の中身確認されたりしてトラブルの元だ。ニッポンのお巡りさんはいないってことを男性諸君は知らないといけない。100%チップとかいってくるので、最初から3000Pの腹つもりで、2500P払い、500Pをチップといって渡してやるのがコツだ。これ以上渡すのは渡しすぎ。いい女だと思ったら、電話番号をきいてまた会ってあげればいい。だとするとなおさら、渡しすぎは無駄だ。なお現地語が話せるようになり、対等な交渉になってくると、半額でも多いくらいであるが、これを真剣に読んでいる時点でもう無理だからやめとけ。
なおLAの向かえにも同じ店があるが、シャブ中が多いので行ってはいけない。ナナメにあるアマゾニアという、一階がバーになっているホテルがあるが、このバーは、LAに入れてもらえない問題児がたむろしている。ビッチ好きならアマゾニアに行け!(笑)バクラ(おかま)に当たった場合は知らん。そんなん自分の眼力の無さを嘆いてください。もちろん、私は言いふらして、半年はネタにします。
余談ではあるが、あのへんはシャブでもマリファナでも売っているが大変高い。売人と警察が仲良くしているから、お金が惜しかったら買わないほうがいい。あそこはオンナを探す場所であり、薬を買うなら場所が違う。あー、こういうのは書かないほうがいいね。本当にやるバカがいると迷惑なんで。
4.これはごく普通のマッサージとして通用もしているのだが、まれに、女がカネがないときなんかに誘いがある。マッサージしにきているのであって、気分が乗らないので、私はやりたくないが、やるひともいるようだ。こういう店は二度といかないけども、好きという人も居る。やる店は韓国系が多い。完全にソレ系マッサージとエロのセットでいきたいのなら、ネットワールドホテルから駅にいく道沿いに何店かある。ただ勧めはしない。キャバクラのねえちゃん口説いたほうが有意義だと思うが、時間の無い人向けかな。
5.リトルトーキョーのパサイロード沿い、エルミタ・マラテ地区が激戦区である。日本のキャバクラと仕組みは同じ。ただし90分ではなくて60分単位である。飲み放題で500Pが相場。300というところもある。飲みに行くより安いのが、本場フィリピンパブなので、相当気軽にいける。女性とは自由恋愛なので、女性にも当然拒否権がある。
6.は、すいません知らずにいったことが何度かあります。入り口に鍵がたくさんついてるからすぐわかるし、民家である。
女性が逃げないように、二重になっている。申し訳程度にカラオケなどの偽装があるが全く使われていない。
これに当たってしまうと、買わずに帰るのが怖い!なお金額は意外と安いので、普通の客として振舞えば問題はおきない。
7.これはやってはいけない。紹介もしないし、知らない。
8.店が普通にやっているのだが、日本だったら風俗の部類だろう。韓国人向けの店に多い。だいたい100Pくらいで、女性に全身洗ってもらえる。サウナが顧客サービスでやっているノリ。

またマニラには、ゲイや女性が男性を買う店もある。ロハス通りにあるホワイトはそうだ。女性がカネを払って男性を買う、それも男性と同じタイプの店が成立しているんだから凄い。(ホストクラブじゃないよ)

ここまで書いてきて思った。
この数年、俺、オンナ一回も買ってねぇ!
男性天国といっても、仕事が恋人なのね・・・。とほほ

フィリピンでネットを使うには

楽天トラベルで、目を皿のようにして、WIFIがあるホテルを探しているそこのあなた・・・。

そこのあなた・・・・ねぇ・・・

おいっ!無駄なことは止めろっ!!!

だいたいねぇ、ホテルのネットが止まっているだの、WIFIが無いだの、あってもロビーしかないだのというのがオチです。
しっかりとネットを使いたいならば、もうはじめっからポケットWIFIを持ち込むとか、買うとかしたほうがいい。

日本からWIFIを持ち込む場合、空港で借りればいいです。一日500円です。
これが高いか安いかは知らない。

フィリピンを往復するようになると、これでは経済的に負担ですから、現地で一台買いましょう。
日本でオープンラインの本体を持っているならば、フィリピンの3Gなら大体掴みます。
本体だけあってもSIMがないと意味無いですから、そこんところを書きます。

スマート社の場合
スマートの場合、スマートブロードバンドというSIMを買って差し込んでください。SMARTBROと書いてあります。
だいたい空港で売ってます。ロードは、滞在分全日程空港で買ってしまって、やってもらったらいいです。そうすればもう滞在期間中はネットやり放題です。料金プランがいろいろとありますが、そんなもん見なくていいです。
「unlimited」(通信量無制限)一本、まずこれだけ覚えてください。この場合、おおよそ一日あたり50Pです。

グローブの場合
ほとんど一緒です。グローブは、携帯電話のSIMとネットのSIMが共用ですから、あなたがもしグローブのSIMやロードをもっていたら、なんと!それをポケットWIFIに差し込むだけで使えてしまいます。ロードも携帯電話とまったく一緒に使えます。

サン・その他の場合
初心者は、使わないでください。選ばないでください。

この方法は旅行者には最適ですが、短期滞在から半年程度ならば、もうこれでもさほど悪い選択ではありません。
実際これを毎日使用した場合、50x30=1500ペソですが、契約回線の場合も同様の金額がかかります。ただしスピードは倍違う。
いわゆる契約縛りというのがフィリピンにもあって、おおよそ半年から一年くらいですから、一年居るなら契約したほうがいいし、日本に戻るならポケットWIFIを買ってしまっていいと思います。

どのブランドを買うべきか
各社純正のユニットを出しています。いまちょうど、LTE対応に切り替わっています。
2015年10月の状況は、
1480Pで売っているのは新型 LTE対応
1980Pで売っているのは旧型 LTE未対応
新型はSIMロック解除が大変である
旧型はSIMロック解除可能
新型はディスプレイがない、旧型はディスプレイがある こんな感じです。旧型が欲しい方は、すぐにマニラで探して買った方がいい。
サードパーティ(HUAWEIやCD-Rキング)製も売っています。これははじめからオープンですから会社を変更したいひとは使い勝手がいい。また日本でも使いたい人にとっては手軽。
凄い器械があって、このポケットWIFIとルーターが合体するというタイプのものが存在します。
どういうことか?SIMカードを刺したままルータに接続して、屋内でWIFIとしてやりとりすることができるぜ!しかも!ポケットバンク付!
5in1 という、日本で売ったらウケそうなものがあります。

スピードはどのくらいか?
一部LTEがあります。いや本当にありますけども遅いです。LTEというより先に、フィリピンはネットが後進国より遅い(アフリカの小国より遅い)から意味がないのです。
だいたい、この利用ですと、マニラ市内で0.5Mから1M程度です。
このスピードですと、LINE通話は問題なく使えます。動画さえ見なければ大丈夫です。
もしもあなたがニコニコ動画の生主の場合は、もうはじめから来ないでください。配信は相当厳しいです。

ホテルを選ぶならば、ネットがあるかよりもスピードを考えたほうがよほどマシです。
マカティ・パサイ・マンダルヨン・パッシグ、このあたりは超高速です。
ただし、一歩でも他に出ると、もう速度は落ちます。車に乗っていると、実感できるくらい遅くなります。
最悪なのはカビテ・パラニャケ・ラスピニャス近辺。このへんは地獄すら生ぬるいです。田舎でもだいたい北、東のほうは良いです。

スマートプリペイド これだけ覚えとけ!という基礎中の基礎

1.自分の携帯に、いくらカネが残っているか確認したい場合

他の情報は全部無視して、この方法一本だけ覚えておくといい。

1-1電話番号入力画面で *214#

2.日本への電話のかけかた

チャージさえ残っていれば、日本に直接電話できる。100Pで結構話せる。
2-1. 日本のかけたい相手が 090-9998-8877 の場合+8190-99988877
+は、ゼロを長押しで表示される。

3.あっ、ヤバイ、なになにさんに連絡したいんだけど、チャージがねぇ!という場合

自分がもっているロードは、誰かにプレゼントすることができるし、自分が無い場合、誰かから受け取れることができる。

3-1.プレゼントしたい場合
3-2.SMS作成画面を開く。
3-3 電話番号入力欄に 888
3-4 SMS入力欄 PASALOAD 09133354445 10
この内容だと、09133554445の電話番号に、10P分を送金するという意味。電話番号と数字の間には半角スペースが入る。
PASALOAD 09133354445 5
この内容だと、09133554445の電話番号に、5P分を送金するという意味。

手数料として1Pかかるので、10Pプレゼントした場合11P分、自分のロードが減る。

3-5 受け取りたい場合
受け取りたい場合は、相手にリクエストを送る。「ロードをよこせ」という内容のメッセージを相手に送って、相手がOKだったら届く。
当然、相手が無視すると失効するし、拒否されても受け取ることはできない。

3-6 SMS作成画面を開く
3-7 電話番号入力欄に 808
3-8 メッセージ欄に 09145623258 100
3-9 PASALOADと入力する必要は無い。この例だと、09145623258の番号の人に、100ペソを要求している。
送信して完了

3-10 パサロードを要求された場合
誰かが、あなたにロードをよこせと要求した場合、知っている番号だったらプレゼントしてもいい。
この場合、スマートからSMSが届く。
09255546665 という人が、あんたから 5P欲しいって言ってるよ、あげるんだったら、このメールに YESと返信しろ、という内容だ。
OKであれば、そのSMSにREPLYして、YESとだけ書いて送ればいい。
YESの言い方は下記動画を参照

 

スマートSIMカード 購入後の設定方法

1.購入したら、取り出した、テレホンカードサイズの大きさ(SIMカードが、取り出しやすいようになっている)プラスチックを出す
2.SIMカードをカードから取り外す
3.自分の電話番号は、左上に印字してある。 9055584445ならば、 +63-90-5558-4445ということである。これが自分の番号
4.他の情報はとりあえず無視でいい。(そのまま使える。)
5.このカードを保存しておくと、スマートPADALAの設定時に便利ではあるが、捨ててしまってかまわない。

現在、お金が入っていないので、フィリピン国内で電話を受けることはできるが、かけることができない状態である。

お金の入れ方(カード式の場合)
1.裏に全部書いてある。

以上

もう少しやさしく広い心で書くと、裏面に記載されている通りでOK

1.表面に書いてあるのが金額である。100Pならば、100P分のお金をチャージすることができるという意味
2.裏面に書いてあるPINというのは暗証番号である。ここをコインで縦に削ると番号が出てくる。
2-1 横に削ると、数字が潰れて読めなくなることがある。
2-2 何度も何度も間違えると、一定期間チャージできなくなる

3.チャージしたいSIMカードを、GSM携帯に入れる。
4.ダイヤル画面。1510のあとに全部の番号を続けて入力する。
(例)151068386678458000 こんな感じで全部つなげる。
5.、そのまま電話をかける、。成功したら購入分の金額がチャージされたという案内メッセージが流れる。
6.電話を切って終了

このブログの愉しみ

自分は一応、IT関連なわけだけども、このブログを見たらふざけんなと言われるだろう。
だってなにもやってないからだ。

なにもっていうのは、本当になにも。全く何もやってない。ただ記事を書いているだけだ。
それでも一応日本人が読むということで、いまさらワードプレスという選択をした。

ブログをどこで書くかというのも、もはや選ぶ時代だとおもう。俺みたいなオッサンが、アメブロだったりすると、(アカン)ということになりかねない。
かといって海外のブログサービスを利用すると、ちょっと日本語の記事あるんですかねコレということになって、それもまたなんとなくつまらない。消去法でいくとブロガーとワードプレスしかない。

俺はgoogleが嫌いなんで、消去法でこういう選択になった。(でも検索エンジンはgoogleですよへへ)

IT関係とかえらそうに言ってますけど、携帯はかろうじてカラー液晶の2000円くらいのヤツ。
SNSもやってないし、facebookもやってません。

仕事でさんざん他人様のをやっていると、もうプライベートで触る気になれない。トゥイッターでもラインでも、仕組みばっかり詳しいけどもアカウントは無いというww

だってさぁ、仕事でパソコン触ってて、仕事が終わってゲームとかSNSやってたら、なんだか休まらないわけで、なんかもう救いがないわけですよ。

外に出たり、洗濯したり料理したりする時間というのは、普通の人には家事だけども、自分にとっては気分転換になってる。

SNSをやりたくないから、俺は普段、誰も知らないようなサービスをわざわざ利用して、
「いやー、これしかないんですよねー」みたいなことをいうと、みんなしてアカウントを作ってしまって、友達も誘って増えてしまうから、もうぼちぼち、いろいろアカウントを消して、逃げ出さないといけないと思ってる。
自分の中では、1アプリ一名くらいでちょうどいいサイズだ。(そして仕事関係は1アプリで全部完結してくれたらいいなぁ)

これほど日本人と付き合うことを避けているのに、SNSというのは容赦なく飛んでくる。日本人ってのは、これ国内だったらずっとメッセージやりとりしっぱなしなんだろうか?

いま俺が住んでいる国は、SMSやり取り数世界一という、とんでもない国なわけだけども、本当にこれは疲れる。
メールとかメッセージというのは本来自分が苦手で、若いころ(笑)付き合っているオンナにさえ、一日一通送ったら返事来たーくらいの感じだった。(自分語りですすいませんね)いまの状況が苦手だって人は、オレだけじゃないはずだ。
海外で暮らしている理由には、SMSが飛んでこないってのもあるかも知れない。

文字というのはおもしろい側面もあって、バカなヤツは馬鹿な内容を書いてくるから、底が知れておもしろいってのもあるけど。
電話ってのはプライベートに侵入してくるから、それと会話の中間としてSNSはいいんだろうけどね。

最近よく俺が使うのは、連投しておいて!これである。
話したいときってのは誰にでもあるもんだけども、こっちが寝たいときなんかはできないからね。
でも連投しておいてっていうと、みんな思う存分語って、満足しているし、こっちはまとめて読めるわけで、けっこう便利なわけだ。
なかなか悪くない方法だと思う。こっちも連投できるしね。

むちゃぶり禁止

ちょっと最近頼まれごとが尋常じゃない件数になってきている。

「忙しい」というのは、なにかめんどくさいことを断るのに手っ取り早い言葉なんだけど、本当に忙しい!
先月中旬ごろから、やたら催促の連絡がくる。ほとんどが頼まれごとだ。

困るのは、
『いっやー!オレの知り合いで海外に住んでいるのがいて、もうオレが頼んだら、今日明日までにコレコレこういうことまでやれますよ!』
コレ止めて。いや本当に。

知らないところで勝手に話が進んでいるってのはちょっと怖い。

自分の考えとして、一旦引き受けたことは、引き受けた以上のことをこなして、満足してもらおうという気持ちがある。
少なくても、がっかりさせたくないなぁ、という気持ちになる。

でもね、だからといって、たとえば・・・そうだな、明日中にデータ100G分用意しておいて!と言われたら無理でしょ?
「いやー、もう無いと困るんだよね!」なんでそんなことになったんだよ、と事情をきいてしまう俺も悪いんだけども。
聞いてしまった以上は、やってみせないと、今度は俺の信用が落ちるわけだから。

お金が発生して、期限、打ち合わせ、クオリティがはっきりしているのが一番いい。契約はなくてもちゃんとやりまっせ。

お金はなくって、昼飯あのときにおごっただろ的な恩着せがましいこと言われて、いきなり電話で今日いまから来てとかいうのはもうね、断りはしないけども。あまりせかさないで欲しい。タダなんだから。この間なんて往復14時間ですよ。ブラジルにいったのかよと。
最近ウンコしていたり、階段のぼっていたり、メシをくっているときでさえ仕事している。
(周囲のアドバイスいわく、「そんなん断ったらいいやん!」と言われるんだけども、人の義理人情、縁っていうカビの生えたような価値観もあっていいでしょう?)
ある人なんかは、オレは「いいように利用されているだけ」とか手厳しいこと言われてしまった。

仕事は苦ではないんだけど、この頼まれごとのおかげで、ちゃんと報酬を払ってくれている人の仕事が後回しになってる。これはまずい。

そんでこんなことを書くと、「別に遠慮しなくていい人たち」が遠慮して、「オマエ少しは遠慮しろ」という人は特別扱いされていると勘違いするから、もう本当に手に負えない。

洗濯したり、食事つくったり、トイレいったり読書したりゲームしたり、という、人として生きる最低の時間を、ちょっと管理して作らないと、日本といるのとさっぱり変わらないね。これじゃ。

海外でカレーを作ったらどうなるか

いや、なんで突然カレーなのかって言われても、実はそういう相談が(以下略)。

経験からいって、食べます。

だいたい日本の食いものってのはうまく出来ているもんで、味を占めたらまた持って来いということになるのが通常です。

カレーもそうですし、シチューもそうですし、大体自分で食べてウマイと思うものなら、外人だってウマいのです。
日本特有の食い物、たとえば梅干なんかだと個人差が出てきますね。好き嫌いは誰だってあるからです。

というわけで、自分がたべてうまいと思うものを持ってきたらいいと思います。だいたい貰う立場で味に注文つけるほうがおかしい。

海外にぶっ壊れたラップトップを持っていったらどうなるか

表題のようなご質問をいただきました。

まったくこのブログ、コメントは一切無いんですけど相談に答えているという、まるで心霊現象のような自作自演臭がありますが、本当に相談がありましたからね。信じてください。

テロ対策で、いまはラップトップの電源を入れろと言われる!
もしも電源が入らなかったら爆弾だと思われたらどうしよう!

確かに一理あります。

・・・けど、まあ大丈夫だと思います。そんなこといったら、入国出国管理がとっても大変(っていうか無理)だからです。
手荷物じゃなくて、預け入れしてしまうのも手ですね。

「いやーこれ爆弾だよ、ハハハ」という冗談さえ言わなければ大丈夫です。
海外の空港には、わざわざ『爆弾の冗談は言わないでください』と書いてありますからね。言ったら最後ですけども。

電源が入らないぞ!なんでだ!と言われたら、海外の友達のなんだけども、俺が壊したとでも言うしかないでしょうね。
(だって、持って行く理由ってそのくらいしかないでしょう?)私に電話をかけてもらって、『ああ、そのパソコンは、確かに俺のものだよ。そいつにもってきてくれと頼んだんだ』くらいの援護射撃は行いますよ。そんなことがあればだけども。

私自身は、壊れたラップトップを沢山貰ってきた立場なんですけども、みなさん平然と持ってきていました。
まあ重いので、預けてしまえばいいんじゃないでしょうかね。
だいたい電源が入るか入らないかなんて、よく考えれば余計なお世話なわけですから。

iphone/ipodの音楽がもったいなさすぎる人へ

これまた多く相談を受けるので。

古いiphoneだのipodだのを、音楽プレイヤーがわりに、たくさん曲を入れている人がいます。
そして、大体相談にくるんだけど、内容が決まってる。

「同期が遅い」「バッテリーが弱い」「データを移したい」

いやググれよと言っているんだけど、コンピュータってのはどうも、一度相談に乗ると、みんなずっと連絡してくる性質があるようだ。
だいたい今日だけでIPHONEの相談が三件ありました。

日本語の通じる、アップルのお店のある国にいるのに、わざわざ海外に住んでいる、よくわからない人に相談するというのが謎なんだけども、一度相談に乗ってしまうと最後まで面倒をみたくなるから仕方ない。

まず、同期が遅いという人。
何曲入ってるんですか?

「6000曲から10000曲はあるんじゃないかな?」(自慢げ)

ああ、そう・・・。

まず、アップル製品について全部言えますが、ituneで同期をしたい人は、もうそれでやってください。
純正でやるのが一番いいです。ハイ。そして同期が完了したら、

もう、あなたのIPHONEだろうとIPODだろうと、それが水没しようが文鎮にしようが、液体窒素に入れてハンマーで砕こうが、データは全部コンピュータに残っています!
だから、壊れたらデータがもったいないとか言う必要ありません。じゃあなんのために同期したんだよと。
遅いなら音楽同期しなきゃいいんじゃないですかねぇ・・・。写真や動画なら、そんなんクラウドにほおりこんでおけばいいでしょ。

「いやそういうのがわからないから相談してるんでしょ?」とか逆切れされても困る。

なので、要は壊れても、同期のおかげで、アプリも含めて再現されますからね。
なんなら、同じアップルIDで、ふたつのIPHONEを利用してみてください。

片方でダウンロードするとあら不思議。もうひとつもダウンロードが勝手にはじまります。
ですから、端末のUUIDさえわかってしまえば、あなたのスマホに怪しいソフトをビンゴで入れることもできるんですよ・・・
(これなんでみんなヤベーと思わないのかなぁ・・)

SIMロック解除(日本から世界へ)

SIMロックを解除するぞー、自分でやるぞーというあなたはエラい。

さっそく、いろんなホームページやらブログやらを見て研究することでしょう。
そしてその通りに試してみるでしょう。そしてまず詰まること。

「あれ?・・・これ、どこにロック解除のパスワードを入れるんだ・・・??」

普通であれば、(日本以外の普通であれば)他のSIMを入れたり、USB接続したりすると、コードを入れられるようになる。
実際、やってみせている写真や動画は、そうなっている。

しかし、その画面にならない。何故か?

日本仕様だからw

だいたい型番に J とかついているのはアヤしい。

こういう場合は、いくら工場出荷時のーとか、ルートを取ってーだの、電話番号画面からコマンドを入れてーだのやってもダメ。

そう、パスワードは分かっていても、入力する画面がなければ入れられないのだ!

こんな悲しいことがあるだろうか。どうして日本のメーカーというのはこういうことをやってくれるんだろう?
まあ、特に、どこのメーカーと名指しで書くのはここでは避けるけれども、イーモバイルです。

実は、ちゃんと、解除する画面もあるし、パスワードを入力する画面もある。
しかしそれは、どんなコマンドを入れてもダメで、本体から直接そのプログラムを呼び出さないといけない。(これヒントな)

simlock解除

最近SIMロック解除の頼まれごとが多い。(多いなんてもんじゃない。もう完全に業者並の台数をこなしている)

「自分でやってください」、とはいえないわなぁ。いいですよーと解除をしているわけだ。

スマホは高価なものだから、現地人に預けて持ち逃げされたらパーなわけで、どうしたって日本人に預けて、ちゃんとやってもらいたいと、誰もが思うみたいだ。

自分はスマホを持っていないのに!もうIPHONEだのアンドロイドだの、本体をチラッと見るだけで、これは簡単だな、これは大変だな、と判断がつくまでになってしまった。段取りも完全に覚えた。

ほんまねぇ、日本で一万円くらいのヤツとかあるんでしょ?
え?プライベートのスマホ持って無いの?いまどき??じゃー、御礼に一台持ってっていいよ!
こんな一言があれば、私舞い上がるんですけど、それはないか・・・。