飛行機の遅延

あなたがNAIAで人を待っているとして、フィリピンの空港に映し出されている運行状況を確認したとしても無駄だ。

成田、羽田、中部に関空のホームページから、出発時刻をみたほうがいい。
体感として、フィリピンの空港の情報は遅い。日本の運行状況をみたほうが早い。

天候や気象情報も同様だ。フィリピンの気象庁(もちろんある)は、台風さえ予想できない体たらくだ。
そもそも気象情報は、全て日本が東南アジアに提供している。

当たり前の話で、東南アジアの国で、気象衛星を持っている国は無いからだ。
厳密にいえば、衛星(地球のまわりを周回できるレベル)を飛ばせる国は世界でたった10ケ国しかない。

海外にいると、現地の報道を信じたくなるだろうが、こと天候と飛行機については日本のほうが圧倒的に情報をもっている、と思ったほうが正しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中