値引きをやめると儲かる

俺が小売をしていたころ、他社が気になって仕方なかったことがある。

それは、社員、身内、友人知人には安く売るということだ。

これほど客をバカにした話があるだろうか。普段お客様第一なんていっているのはウソだったのである。

俺は創業時から一貫して、友人知人には定価以外売らなかった。
割引キャンペーンをしていても、友人知人は適用外である。定価を払ってもらう。

定価を払うということは、それだけオレ様が儲かるということだ。
おまえら友人なら、定価で買えということだ。だから俺の商品が気に入らないなら買うなってことだ。オマエに買ってもらわないといけないほど落ちぶれてないよ、他に買いたい客はいくらでもいるってことを言わないといけない。

なんで知っている奴というだけで、割引をしなきゃいけないんだ?俺の感覚ではまったく考えられないが、多くの会社はこれをしている。従業員割引とかクソくだらないことをして、大事な利益を目減りさせる必要は全くない。だいたい通常価格で買っている客に失礼じゃないのか?そういう感覚をもてない経営者は実に多い。そんな売上高で、みかけの数字あげてもどれほどの効果があるってんだ?

その結果、どうなったか。俺の信用はあがった。

なにしろ俺と知り合いになると高くなるのである!これが絶大な宣伝効果になったのだ。

だから、知り合いでもみんな、普通に注文して、普通に割引のころを見計らって、一般客と同じように買ってくれた。それはもちろんありがたく注文を受ける。差別も区別もない。もちろん知人なので、電話一本入れる。ありがとねー!って。それが正しいと思っている。

定価で買ったダチには、そのうち割引くらいのメシでもおごってやればいい。それで済むではないか。それより大事なのは、そいつが身銭を切った行為なのである。定価ならば、そいつだって、本当に必要なのか吟味するからだ。

商売をするということは、割引だけが能ではない。時には割高のほうが良いことさえある。
大事なのは、自分の会社のファンになってもらうこと。『安定経営』という、経営者が聞いたらのどから手が出て首がながくなって千切れるくらい魅力的な会社を作るには、こういう行為の積み重ねをしていくことが大事。

買ってくださいお願いしますなんて、大の男がペコペコバッタみたいに頭下げたら、せんでいい値引きをして、それも足元見られて接待させられる。そんな仕事をしていると、いつか精神的に無理がきて、睡眠薬のお世話になることになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中