今年締めの投稿

というわけで2015年の投稿はこれで最後です。

今年も散々な一年でした。来年もひどい年でしょう。その中で、小さい幸せを探したいなと思ってます。

来年の目標は・・・

・・・・・・・うーん・・・・・・無い・・・・・・・・・(絶望)
これ以上ひどくならないようにすること。ですかね。
フィリピンに住んでいるってのは刑務所より食事も環境も悪いので、(実際窓には鉄格子がついているので気分満点だ)一体どうしろってんだという気持ちになります。

まあ、微力を尽くして頑張ります。永遠ならざる人生なんで。

広告

おおみそか

今日は大晦日だ。英語でいうと「ニューイヤーイブ」。フィリピンは昨日から休み(12/30は祝日)で、もうみんな完全に朝から酔っ払っている。

そんなんだから、レチョン(子豚の丸焼き)を食いに来ないかと誘いがくる。
(私の住んでいるところはレチョンの産地なのだ。)腹が減っていて、うまそうな食事を断って、かばんをもって仕事するのだ。男はつらいよ。

しかし今日は仕事がある。終わるのは夜で、一応おおみそかの夜だから休みにしようということになった。そして元旦から仕事は再開だ。

それはいいんだけども、果たしておおみそかから元旦の馬鹿騒ぎと、ネットのトラフィックで、まともに仕事なんて出来るんだろうか?

何かしら結果を出せるのは経験

最近そう思う。

経験があったからやれた仕事って多くて、あっ、これはアレを使うといいなとか、そういう引き出しっていうのは知識ではなくて経験からくることのほうが多い。

仕事っていうボールがきたら、なにかしら投げ返さないといけないんだけど、人ってのはせっかちだから、10日かかることをすぐやれといいがち。
そんなとき、内容はこなせないけど、こんなことができました、こんなことができますとやって見せると、一応の納得がある。

そのためにはこうしろああしろ、というのは、皆なにも疑問に思わない。これ不思議。

つまり仕事ってのは、ほしいという欲求が客にあるから、客は手に入れる過程のことは自分でやっても損だとは思わないわけだ。

たとえばフィリピンだと、買い物の品物は、全部お店がやってくれる。
日本のスーパーみたいに、自分で入れることはしなくていい。
それってつまりそういうことなのだ。

在フィリピン日本国大使館

ロハス大通りの一等地に、日本大使館はある。アメリカと並び、でかい顔をしている。
さまざまな評判はあるが、個人的に不利益をこうむったことはない。職員はよくやっている。

一度、行方不明になった邦人捜索を依頼したことがある。
評判通りの悪い対応かな?と思ったが、親身に相談してくれて、担当者の連絡先・氏名・警察の手配など全部やってくれた。(警察の手配はこちらからお願いした)

普段の素晴らしい仕事ぶりのフィリピン警察も、さすがに日本大使館からの要請なので、おかしいことはしない。「なんだ、ちゃんとやってくれたじゃないか」と、大いに見直した。
当時のことはとても感謝している。まあ、当然なんだけども、うれしかったね。

フィリピンは日本人も沢山住んでいるから(そのへんの市町村を軽く超えるほど居る)領事館2、大使館1という陣容になっている。ありとあらゆる相談事が持ち込まれる。

いつだったか、俺が大使館に居たとき、超スーパー老害が、担当窓口におもいっきりネチネチとクレームをつけていたことがある。(俺はそいつの次の順番だったのでよく覚えている)

要は手続きできなかった。こっちは遠いところから来ている、またマニラに来るのは大変だ、なんとかしろという苦情だ。そんなもん、なんとかできるわけないだろ?と思っていたが、ジジイはあきらめなくて、延々わめいているわけだ。そんなの日本大使館は全然悪くない。
『マニラにいる困った人たち』ってこういう人なんだろうなと思った。
フィリピンでは、これでなんとかなるから(それは本来おかしいことだ)大使館でも同じことをやってしまっているのだろう。

書類は後で必ず送るから手続きを進めろ
「できません」
俺を信じられないのか
「そういうことじゃなくてね」
日本に電話してやる
「どうぞ」
みたいなね・・・・・。ルールは守るためにあるわけで、どうして自分だけ特別扱いとなるのだろうね、おじいちゃん。日本大使館に提出する書類だったら全部日本語で書いてあるし、事前に電話もできただろうにね。(24時間365日受け付けている)

隣できいていると、フィリピン側の書類も全然不備なのだ。それを大使館が代行してやってくれという。(できるわけないだろ)フィリピンの法律のことは、日本大使館がどうのこうの言うわけがない。まあこっちの『書類の山と格闘』するのは同情するが、みんなそれをやるか、業者に金払って代行するかしてもらうわけだけど。

ああいう人たちを相手にするのは大変だろうね。海外にいるとわがままになる人多いけど、人の振り見てなんとやら。ボロは着てても心は錦。紳士でありたいものです。

クリスマス災難

今年も無事にクリスマスが終わった。我が家から消失したのはビデオカメラ一台、IPOD一台、スマートフォン一台という結果に終わった。人から預かったり善意でいただいたものばかりである。

まあ最悪なわけなんだけども、例の銃弾事件で捕まった日本人、まだ帰国できていないらしい。(おいおい)たしか10月に捕まったから、もう二ヶ月ということになる。
理由は、訴えた側が証拠を提出していないので、裁判ができないということだ。

じゃあなんでアメリカ人やカナダ人は、もうとっくに釈放されているのか?
これは大使館の動きに大きく関わる。自国民が不当に拘束されたとき、大使館が果たす役割は大きいのだが、日本大使館はそれをやらない。これは多くの経験者が語っており、体験談なども出版されている。明らかに冤罪なのに「早く罪を償え」などとトンチンカンなことを言うようだ。それでも海外で逮捕されたら?大使館は命綱だ。

この名もない日本人。なにか差し入れしてあげようかな。味方もなく、孤軍奮闘しているだろうに。そう思うと、クリスマスの災難も気が楽になる。

まさかの日本人増加

日本人はフィリピンからどんどん減っている。
ついにアメリカ・韓国に抜かされ、現在第三位となっている。

ところがここに来て、フィリピンに来るジャパニーズがどんどん増えているらしい。
その数・・・驚け!今年来た数五十万人!

ちょっと信じられない数字。確かに最近はANAやセブパシがマニラ行きを増発して便利になったけど・・・みなさん、なんでこんな国に来るんですか?(笑

今年の最新統計によると、(フィリピン入国管理局の統計)どうもそういうことらしい。
まあ、同じ人が複数入国をするので、純粋に50万人とは言えないものの、相当増加していることは間違いない。

俺はずっとフィリピンにいるけど、特にこの数年で治安が良くなっただの、ボッタクリが減っただのという感覚はない。日本人が減った結果、マラテの日本人向け料理屋とカラオケ屋がバタバタ潰れたことくらいしか印象にない。

それにしても、増えたって感じは全然しないんだがマジで・・・。リタイヤ組が増えたんだろうか?

36000円チケット

羽田マニラ往復。通常だいったい5-6万円。
それが、片道13000円。合計36000円になる方法を発見してしまった。

ただしFIXでANAという条件が付くので、仕事では使いにくい。

「もう一日マニラにいるから延長しといて」と、無茶振りされてもPRなら簡単なんだが、ANAとなると途端に厄介だ。PRが融通利きすぎってことなんだけど。

それにしても、羽田マニラ36は安い。日程が21日前までに、完全に確定していないとダメという条件はあるものの、旅行には最適だろう。46000円でも安い部類であることを考えれば相当にお買い得だ。

日本人限定になるけど、ANAだとなんとなーく安心だしね。(機体も新しいし!)
NAIA-3だから便利だし!(マニラで一番気に入っている空港です)

このくらいの金額だと、気軽に来て貰えるしねぇ。六万円台のチケットじゃないから。

日本マニラの、定番の激安チケットといえば!チャイナエアラインの台湾経由だ。
桃園国際空港。あの素晴らしく、周りに何も無い空港だ。(空港以外、山しかない)
あそこで待つのは余りにも退屈で、他の日本人もヒマそのものって感じなので、声をかけてメシを一緒に食べるのが定番だ。
台湾の入国管理に「今回はなんで台湾に来たんですか?」「いやちょっとタバコ吸いに」なんていって、パスポートに無駄な判子が増える。これが定番だったのだが、36000円なら直行便でもいいなぁ。

いいことなのか?暇だったpasko

昨日は朝から掃除して、洗濯して、料理も作りまくって、スペインの酒なんて準備してたんだけども、客はあまり来なかった。
俺がああしろこうしろと言った結果、みな仕事をするようになり、結果クリスマスイブも普通に仕事ということになり、例年のようなことはなかった。

今年も周囲の人が死んだわけだけども、そいつらを供養しようという話になっている。
なんでクリスマスに?だがまあ、それもいい。俺は墓参りは嫌いじゃない。

そんなわけで、昨日、いつもと違う酒をのんだんだけど、これがうまい!
普段、フィリピンの安酒なんていう、糖尿病への片道切符みたいなヒドイ酒を飲んでいるので、やたらうまく感じた。

日本の友人から、「ぷよぷよクエスト」をやって、正月までに魔法石(だっけか)を150個集めておけ!と命令を受けたので、それをやろうとしたらデータが壊れたらしくやり直し。心が折れた。なにやってんだろーね俺・・・。だいたいオンラインゲームはやらない派の俺なのに、そんな課金ゲームやってどうすんだと。パズドラだってポコパンだってやったことないのに。
(単に時代遅れなだけだ)

そんなわけで、今年は静かなパスコだった。まあ、いつものように、コップが割れ、物が無くなり、知らないヤツがゴロゴロと床で寝てるパターンも飽きたので、たまにはこんなのもいい。

トムェィトゥを育てる

最近トムゥェィトゥを育ててる。まあトマトなんだけど。今小さい実が成ってる。

肥料もなにもないので、水をかけているだけだ。
危ないのが、道から見える位置で育てているってこと。この間、外灯燈を盗まれたんだけど、このトマトは相当危ない。

近所でナス畑やってるヤツがいるんだけど、畑の世話よりも防犯の柵を作るほうが時間かけている気がする。畑泥棒って、防御は難しくて攻撃は容易い。
だいたいこの国って、犬だのあかちゃんだのだって平気で盗むんだから、野菜なんてもう、罪の意識すらないと思う。

ただし、『勝手に敷地に入った泥棒は、ころされても文句はいえない』という強烈なペナルティがあるので、なんとか治安が保たれているというわけだ。

さて、このトマト、俺は無事に食えるんだろうか。収穫の喜びなんてどうでもいいから、盗まれてだけ欲しくない。

衝撃。テレビに出たらいい比人

昨日通りがかり、凄い人とすれ違ってしまった。

その人、目が見えないのはすぐに分かった。瞳孔が白かったからだ。
「ああ、障碍者だな」と思った。
別にそれは世界中どこにでもいるのだから、なにも感想があるわけじゃない。

問題なのはその次の行動だ。
その盲目の男、なんと

バイクに乗って走り去ってしまったのである。

いやー・・・世の中広いというかなんというか・・・。言葉を失った。
リアルに座頭市みたいな人がいるんだなぁ。

来年正月の花火

今年の花火は例年に増してやばい。
まだ正月になってないのに、すでに死傷者が二桁を突破している。本当に危ない。

昨日の夜–つまりクリスマスイブにも、少々花火があったのだが、一発ごとに飛び起きるくらいの音量。去年の花火量を考えると・・考えるだけでおそろしい。今日もうるさいに違いない。

去年は、空にむけて撃った銃弾が、民家の屋根を突き破り、寝ていた赤ちゃんに当たって死ぬという事件が起こった。これは俺も大変同情した。政府もマスコミも、正月のニュースは「花火止めろ」ばっかりだ。政府は公務員が正月発砲したらクビとまで言った。

–にも関わらず、フィリピンの正月は、まるで戦時下のように花火が炸裂しまくる。
初日の出なんていってる場合じゃない。

だいたい、あれは花火なのか。発炎筒くらいデカいヤツもある。
俺もやったことがあるんだけど、完全に危険物の類になってる。

現地ニュースによると、中国で製造し、フィリピンに持ち込む国際組と、フィリピン国内で製造している国内組との間で、熾烈な価格競争・威力競争があるらしい。
資本主義の世の中とは思えないほど競争の無い社会フィリピンだが、貧民がやる花火などは富裕層が手を出す市場ではないらしく、結果としてこうなった。

それでもまだ、綺麗だったらいいんだけど、残念ながらそうでもない。音だけやたらうるさいのだ。

日本大使館の休日

海外の国には、だいたい日本大使館が設置されている。
ここでは、その国に住んでいる日本国籍者に、さまざまな行政サービスを提供している。
海外在住者なら、必ず利用する場所だ。誰でも入ることができる。(市役所と一緒)
なお大使館の敷地内は日本国の法律が適用されるので、外国の警官は逮捕できない不逮捕特権がある。(逆に日本にある大使館は日本の法律は適用されない)
覚せい剤が合法の国があるならば、日本にある大使館内でキメても問題ないということだ。

さて、この大使館だが、休日はどうなっているのか?
当たり前だが、日本の法律で定められた休日と、海外とは違う。
フィリピンの「ボニファシオデー」は、日本ではただの平日である。

実態としては、海外の休日に合わせて休んでくれたほうが都合はいい。「子供の日」だからといっても、海外ではただの平日だからだ。

これ、実はガチガチの役所ルールになっていた。

日本の国家公務員は、定められた休日というのがあり、15日間ということになっている。
この休日を、一年前から発表しておいて、休むということになっている。
つまり調整するわけだ。本国の公務員と、休日が同数になるようにしているということだ。
なんとまあ律儀なこと!

そんな中、必ず本国・・・つまり日本の休日に合わせて休む日がある。元旦ではない。
天皇誕生日だ。

この日だけは、その国の暦だろうがなんだろうが、全世界の日本大使館は一斉に休日となる。また、誕生日を祝う行事を必ず行い、その国の相当エラい人々を集めて外交活動を行うことになっている。なるほど、日本のエンペラーの誕生日を祝うというのは、外交では実に役に立つ大義名分なわけだ。

ということで、昨日大使館に行った人は、残念ながら休みでした。

ネスカフェのコップ

インスタントコーヒーを買ったら、コップが付いてきた。ただのオマケ。

そんな存在すら忘れていたんだけど、使ってみてビックリ。
とっても良いのだ。

だいたいコーヒーカップなんて、どれも一緒だと思ってたけどそうじゃなかった。
これまで、数限りないコーヒーカップを手にしてきた中でも、ベスト10に入るね。
ただのオマケのネスカフェコーヒーマグ。

大きさは、インスタントコーヒーをのむのにベストな大きさ。多すぎも少なすぎもない。
それはいいとして、持ち手の持ちごこちが実にいいのだ。
俺の手のサイズにいいんだろうな。オーダーメードしたみたいに、凄いピッタリなんだよな。
熱いときに”すすり”やすいように、丸ではなくDの形になっている。
また、厚みがあって、触っても熱くないのに意外と軽い。

こんな掘り出し物だったとは思わなかった。いやーネスカフェありがとう。

フィリピンで、ノベルティとして配った無料のコーヒーカップ。これはもう手に入らないだろうから、もう一つ二つ買ってこようかなと思ってる。コーヒーは毎日飲んでいるので、いわば毎日使う道具なわけだ。いい道具が手に入るとうれしいものだ。

フィリピンの銃

フィリピンは銃の所持が法律で認められている。どうなっているかを書こう。

まず銃は、成人なら誰でも持っていい。許可制だ。無犯罪証明とか、そういった書類は山ほど必要だが、とにかく持てる。外国人でも所持は合法。

所持のライセンスには細かい規定がある。
・家の中だけ所持OK
・車の中に置いてもいいよ
これは一番緩い。

持ち歩いてよい、というのは少しハードルが高い。バランガイポリスのライセンスだったり、警察協力者だったりすると良いが、家の中だけのライセンスの場合は持ち歩きは違法となる。

家庭に銃があって、お父さんが子供に絶対触るな!というシーンが、アメリカ映画なんかにあるけども、だいたいそんな感じ。法的にいえばフィリピンのほうが厳しい。

銃の所持で大変なのが、税金だ。こっちで銃を持つと、税金がかかるんだが、それが結構高い。国の重要な財源になっているのだ。まるで日本のタバコだ。

銃は、フィリピンでは残念ながら必要だ。はっきりいいって怖い。身を守るために、家に銃を置くのは、なんら悪いことではないのだ。勝手に敷地に入ってきたら射殺する。これが当然認められているわけだ。それが犯罪の抑止力になっている。
外国人だと金を持っているから、銃持っているヤツも多い。これはフィリピンの犯罪者にとっては怖いわけだ。

ちょっと撃ってみたい人は、銃の練習場にいけば撃てる。観光客がきもちよーくぼったくられているのをよく見かける。練習場は、なにも紹介など要らない。ブラっといって、レーンが空いていれば撃つことができる。
行ってからの場所がわかりにくいんだが、観光客なら日本大使館からイントラムロスに行くロハスの道沿いに、HKプラザという建物がある。場所がここからわかりにくいんだが、とにかくこのHKプラザの敷地内に練習場がある。ハンドガンはもちろん、ショットガンやマシンガンもある。興味のあるかたはどうぞ。一万円も持っていけばお釣りが来る。

年末検問

いつも通る道に、警察の検問所があるんだが、検問している様子がない。
検問しているところ見たことない。人はいるんだが?

さすが、年間の飲酒検問摘発が1件という国だけある。

そのフィリピンで、年末検問を実施したらしい。これ一回やると、もうもうもうもう犯罪がらみのものが出てくる出てくる。一回やっただけで手一杯になるみたいだな。拳銃くらいはニュースにもならない。(車内所持ライセンスは簡単に取れるしな)

今回の押収品の目玉は大麻が出てきたみたいなんだけど。
車に130…kgあったみたい。130グラムじゃなくてキログラムかよ!相当な量だな・・・。

・・・もう少し隠して運びましょうよ。お高いんでしょ?

滅多にやらない一斉検問に、超運悪く引っかかった運び屋さん哀れ。これは無期懲役コースです。(比は死刑制度廃止してます)

pasko忘れてた

ヤバい。

いくらなんでもパスコ(クリスマス)の準備を、何もしていないのはマズい。
今年は我が家でパーティをすることになっているんだが、いまの俺の家は、洗ってない皿、野ざらしになった洗濯物、誇りっぽい部屋、なんだか書類、酒の空き瓶が転がっている状態だ。

なにしろ仕事が・・・。とか言ってはいけない。どんなに仕事が忙しくても、家を住めるような状態にしておかないのはマズい。どうしよう?

半日くらい、ずーっと掃除をしてくれるヤツがいる。そいつは俺の服を着て、俺の家のものを食って、家を掃除して昼寝してフェイスブック楽しんで帰るヤツがいる。まるでメイドなんだが、まだ若いにいちゃんだ。なかなか分かっていて、俺の仕事部屋には近づかない。
そいつが就職できたのである。(履歴書書いてやった)それはめでたいんだけども、家掃除をするヤツがいないのは痛い。俺はそいつに働け働け就職探せなんかあるだろといい続けていたんだが、いざ本当に働いてしまったら俺が不便になってしまった。

来年の年明けスケジュールが、もう埋まりつつある。それに合わせて仕事を進めていかないといけない。そして満足してもらい、お金をもらって生きていく必要がある。となると優先順位は決まっている。仕事だ。

とはいえ、フィリピンに住んでいてパスコをしないなんてことは有り得ない。実際仕事なんて全く出来なくなる。だいたい騒がしくて集中できやしないし、移動もできない。
24日の夜なんて、冗談抜きで、道路の車は全く動かなくなる。これは明け方まで続く。

それにしてもマジでどうしよう?プレゼントなんて何もないし。
小学校みたいな、涙ぐましい飾りつけでもしてごまかすか?

決まっているのは料理だけだ。俺の手作り料理(ハート)。今年はクリームシチューにしようと思っている。どんな人数でも対応できる。これを腹いっぱい、もう食えないってほど振舞うつもりだ。いつもは一人当たり、カスみたいな量なんだが、今年はもう具をタップリ入れる。肉もタップリいれる。牛乳も、ちょっと高いヤツにしよう。あとは米だけ炊いておけばいい。
だいたい定番のスパゲッティもドッカリと作ろう。

おなか一杯食べて、トランプでもやって、酒のませりゃ、大体満足するかな。

電気代下がりますた

ウオーターディスペンサー。フィリピンはこれが普及している。

いつでも冷たい水と熱湯を供給してくれる優れものだ。コーヒー飲みたい時なんかはとても便利なものだ。

家に設置していたのだが、メンテナンスをしていなかったら、水の中を、元気にボウフラが泳ぎ回るようになってしまった。
「まあー栄養栄養っ!」・・・・・・・・・じゃねぇよ。きたねぇだけだ!

というわけで、使用を中止。コンセントを抜き、中の水を全部排水し、完全に動きを止めた。
ウオーターディスペンサー。涙の引退です。あばよ・・・もうお前を起動させることは無い。

まあ、最近お茶を飲むようになったので、冷蔵庫から取り出して、お茶で水分を補給するようになっていたから(俺は水を購入していないのだ)需要が無くなっていたんだけども。

そーしたところが・・・・電気代が下がった。しかも相当下がった。
なんか得した気分である。いや気分じゃなくて、得した。

なにしろ、俺の持っていたのは、冷蔵庫付タイプの高級機種だったので、(全く冷蔵庫使ってなかった)かなり電力を消費していたらしい・・・。

ディスペンサー。これって結構贅沢な品だったんだということに気づいた。
今後、日本から麦茶を仕入れればいいのだ。それももう対策済み。
マニラにある、闇の麦茶マーケットで、タダで手に入る。(これは冗談でなくてマジです)
クックック・・・。

つまりお湯を沸かして余った水(これは煮沸済みだから問題なく飲めるわけだ)を麦茶にして、普段の飲用水とするサイクルだ。実に効率的だ。・・・・・。ふふふ・・・なんて賢い俺様!天才!もう俺天才!もうー俺天才の中の天才!フィリピンで水買っているヤツはバッカ!なんも分かってない金満ジャーーップ!しかもお茶にして、ちょっとヘルシーにしちゃってる俺様アイディアマン!健康にも気を配りつつ節約もしている俺凄い!しかもうまい!最高!
もうユーチューブに登録して動画あげちゃう?アフリエイト収入でガッポガッポで夢の不労所得としゃれ込みますか?!

よっぉおーし今日も麦茶作っちゃうぞーーー!
・・・あれ?その水ごと無い・・・・え・・・・?
あーーーーーーーー勝手に全部捨てられてるーーーーーーーーーーーーー!!
ボクの考えた、超最先端高度水分循環装置を誰が捨てたーーーーーっ!?
うわあああああああ!

オゥマイブッダ・・・。
(タバコに火をつける)・・・水買ってこよ。

老人優遇はいらない

俺たちのころは受験戦争でーだの、
戦後日本を支えたーだの、いま老人になりかけの人々は、マジでそう考えている。

これは明らかに間違い。

戦後日本は、なぜ成長したのか?これは若年層が多かったからである。
つまり、若くて、体が動いて、労働意欲と復興意欲、夢と希望にあふれていたからである。

それが、ジジイババアになったから、当然の権利のようにいうのはおかしい。
なぜなら、今の若者のほうが悲惨だからだ。
彼らにはバブルもなかった。生まれたときから不景気なのだ。

生まれた瞬間に借金がある状態で、どうして夢と希望にあふれることができるだろう?
その借金とは、今”悠々自適”とかほざいているバカが作ったものなのだ。
ゆとりとかいうが、彼らは教育制度がそうだっただけだろう。俺だってその時代に生まれていたらそうだった。だって自分では選べないんだから。

電車では、仕事をしている人たちを優先して、立てる老人は立てよ。おまえら大して疲れてねぇだろうが。

戦後世代が作ったルールは相当に罪深い。これをおかしいと思える社会になるには、今の30代が50代(=社会を動かすトップ)にならないといけないので、あと20年かかるが、それまで日本が持つだろうか?

日本の20代の人々は、あまりにネットに毒されすぎていて、思考能力がないんじゃない気がする。そういう人が多い。

今、まだオヤジどもが”老人”になっていない今はとても貴重な時期だ。いまのうちに、日本が再度よみがえるようなイノベーションが、どうしても必要。今ならトランプのカードはあるのだ。

立法は、法律を作ることではなく、無駄な法律を”無くす”こと。
社会は、子供を強制的にでも増やすこと。
そして現代は、なにより情報公開を行い、いきすぎた女性尊重老人障碍者尊重だけでなく、国民全体が貧乏になり、金持ちのために働くようになること。歴史教育より先に道徳教育という考えを広めることが大事。もはや日本は先進国ではなくなる。ゆるやかに。

男性の価値

働き盛りの男性というのは、社会の原動力だ。

26-45歳くらいまでの男性が、家庭を維持し(嫁やガキの面倒を見て)税金を払い、消費し、残業し、ああだこうだと動き回っているから、世の中成り立っているわけだ。
男性はたまに、『じゃあオマエが外で金を稼いでこい!』と、偉そうなことをいって、女性をなじることがある。でも、それは真実だ。よほど資格や職や技能がなければ、働き盛りの、油の乗っている男性以上に稼ぐことなどできはしない。オッサンは偉いのだ。どうしたってオッサンは社会にとっては必要不可欠なのだ。

このオッサン負担というのが、日本社会は異常に重い。つまり一人の男性に課せられた義務が多すぎる。国民の休日に、おっさんの日というのがないのはおかしい。

この、アリンコのような日本人男性が、日本からどんどん減っていったらどうなるか?
(これからそうなってしまうのである。これはもう確定なのだ。)

キモい汚い言われているオヤジが、ガチで減ってしまうと、本当はマズいってことなのだ。
だってそういっている連中は、みんなそのオヤジの収入にぶら下がっているんだから・・・。

まず女性が困る。キモいオヤジは老人になっていく。さあどうしよう?あのキモイオッサンが減っていったら、風俗で稼ぐことすらできなくなるのだ。女性にとって、最後の最後の砦はカラダを売ることだけども、これからそれをやっても一万円もらえない世界になるだろう。
オッサンがいなくなればそうなるからだ。風俗で稼ぐではなく、風俗でようやく今のパートのお金くらいになってくる。つまり一般女性は海外に出稼ぎに行く時代になる。
離婚して半分カネもらってもしゃあないのだ。だって、日本円の価値が下がると、海外旅行が30万円という世界になる。そのとき、ああ、ドル持っておけばよかったと思っても遅い。
500ドルが20万円だったらどうするんですか?

だから、女性なら、なるべく年下の男性と付き合ったほうが良い。年収など二の次、三の次。
それよりも英語が話せるとか、海外とコネがあるとか、今後はそうなってくる。きっもーいオヤジが減るとういうのは、考えてみると恐ろしい時代なのだ。彼らがいなければ、仕事や技術を、若い世代に教えることもできないのだ。42-46歳くらいの男性を、いまの日本社会は優遇して、ディズニーランドを一年間、国が貸しきって開放してやるくらいするのが、正しい税金の使い道である。

是非覚えておいて欲しいことがある。
うちの国は、税金を上げて、ああだこうだと議論しているが、使い道についてはあまり言わない。だから俺がいってやる。

国民年金、今年だけで、

運用損7兆円。


今年一年間国民が納めた国民年金全額消えてなくなっているってこと。
消費税10%、3000億円。わかるやろ?これなんで報道しないのかわからん。
まあ、このブログ数名しか読んでないから俺も気楽に書いているけど、なんでこれ隠すかね?
本気で自分の資産を守るため、今動いておかないと、まともに死ぬことすらできないよ。

年金議論のバカバカしさ

若い人たちは、国民年金を払いたくないらしい。国民の義務にもかかわらずである。

俺は日本円の価値が、毎日変わる世界に生きているから実感しているんだけども、今の通貨価値で未来を語ること自体がおかしい。

たとえばわかりやすく言うと、昔はジュースは100円だった。(いまいくらなんか知らないけど、たぶん120-130円くらい?)

ということは、受け取る価値が20-30%目減りしているってことだ。(伝わってますか?)

あなたの一万円というのは、ジジババになってからの1万円じゃない。もっと価値が低くなっているということだ。つまり一万円が6000円くらいの価値になってから、慌てて海外投資しても遅いということ。

アメリカドルが強いのは、人口五億人というパワーが維持されているからね。国力というのは人口といっていい。日本はこれから2000万人も人が消え去る国。空き家対策なんて言っている場合じゃないよ。田舎のジジババが死んで、相続税払えなくて、更地にすると税金かかるってんでどうしようみたいなのが、今後減ることはない。増えることだけ。

今後、あなたの貯金は、銀行に預けておいた分だけ減っていく。これはもう間違いない。
なぜなら、今後日本は、自動販売機のジュースが140円、150円と上がっていく未来は想像できるけど、110円、100円と下がっていくとは思えないからだ。

銀行に金を預ける。銀行はどうしますか?まともな運用先がないから国債を買う。
あなたの貯金は日本の借金を埋めるために使われていると言ったら驚くでしょう。
でもたった一回の”時間外手数料”で、数年分の利子がぶっ飛ぶ国が異常でなくてなんなんだ?外から見ると感覚が麻痺しているようにしか思えない。

あなた自身の生活を守るのはもちろん。老後も豊かとはいえないまでも、まともに死にたいならば、ヘッジ(資産を分散すること)すべきだ。それは不動産・貯金・株というヘッジではなく、『日本円以外』で、日本の法律の枠外でヘッジしなければ意味がない。
日本円の価値が下がれば、ヘッジした分のカネがまるまる増えるのだ。これは相当にオイシイ。

年金の受け取るカネを議論するのは、まったく不毛だということだ。

日本企業よ比に来い

世界水準の、”チャック”を作っている会社がある。YKKという。

このYKK,実は生産はフィリピンで行っている。優良企業であり、いまや日本企業としてもフィリピンでデカい顔をしている。
プラモデルのタミヤもそうだ。セブに大きなプラモ工場を持っている。

フィリピン人は、おおざっぱでいい加減だ、という。ではなぜ、世界一清潔さと精密さを求められる、コンピュータのハードディスクはフィリピンで作られているのか?あの、ウェスタンデジタルのハードディスクは全部フィリピン製なのだ。日本のワンピースだってナルトだってドラゴンボールだってフィリピン東映が作画している。

フィリピン人というのは、従順で、言われたことはやる。
フィリピン人というのは、なにもかも全部教えないと出来ない。しかしきちんと時間をかけて教えさえすれば絶対にできるようになり、貴重な戦力となる、という特色を持つ。実は日本企業にはピッタリなのだ。だから、この国では、成功した会社、失敗した会社がはっきり分かれる。スービックの優遇税制がどうのこうの言っているようじゃ駄目。

この間ASEANで、フィリピンの大統領はなんといったか。中国がいる前で、はっきりと、私たち日本・アメリカ連合に全面的に味方すると言ったのだ。これを言ったのはASEANではフィリピンだけである。つまり中国に喧嘩を売ったのだ。中国もフィリピンはもうあきらめている風だ。この数ヶ月だけ見ても、日本・アメリカからの援助はパネェってくらいに凄い。

東南アジアにとって、中国は怖い。怒らせたくない国だ。
俺たちにとっては「中国?かかってこいや!全部沈めたるわ」くらいの勢いだが、東南アジア諸国で、中国に勝てる国は無い。フィリピンだけが、はっきりと日本側と言っている。
日本としても、フィリピンを失うわけには絶対にいかない。フィリピンのシーレーンがやばくなると、インドネシアから来る天然ガスが死ぬ。ロシアから買うのは厳しい。するとどうなる?
海外援助はお金の無駄とか言っている人々は、ガスを使わないんですかねぇ・・・。日本にはガス田がないんだから。

今、日本企業がフィリピンに来たとして、政治状況はベストといっていいだろう。
この国はいろいろとややこしいのだが、単純な原理で物事が進む。優秀なコンサルタントをつけ、投資サイズをきちんと量れば、チャイナリスクよりよほど良い。

フィリピンは、1960年台から、伝統的な日本の工場であることを、ほとんどの人が知らない。

日本企業はフィリピンから出て行け

日本の、いわゆる「メイドインジャパン」を支えてきた企業共がドンドン危機に陥っている。

ざまあみろとしかいいようがない。もう全滅したら?www

日本企業は、努力をしていないのだ。全く努力をしていない。

している努力は、「30分前には会社に来ていることが社会人としての自覚がどーのこーの」だの、
新卒に、『手書きの履歴書が常識!!』などと、バカバカしいマイルールばかりにやっきになっている。お前の企業、契約書は手書きなのかよといいたい。

私は、海外に住んでもう10年くらいになろうとしているが・・・。
<日本の会社は、国内用、海外用と商品が別。海外用は品質を落として作っている。
特にシャープ・ホンダはひどい。

もう、「もの作り大国日本!」とか言ってられないですよ?
台湾・韓国は、自国と海外の品質を共通で作っている。だから強い。

この間シャープ・フィリピンの社長が「脱水だけできる洗濯機を作りました!フィリピンではこういうものが需要があるんです!」なんて経済誌飾ってましたけど、殺意すら覚えます。

俺の家の洗濯機はシャープだ。保証期間内(というか数ヶ月もたたないうちに)故障した。
シャープ、オマエ何ていった?『修理工がひとりもいない。マニラから呼ぶ、電話番号教えるから修理工に電話してアポを取れ』と言ったよな?何度も何度もシャープに行って、もう疲れたよ。ああだこうだと言い訳ばかり。じゃあ売るなよ。じゃあ保証するなよ。

これが、俺たちの国が誇る家電保証。恥ずかしい。

もう二度と日本製なんて買わない。俺の中での信頼は無い。
フィリピンの、わけのわからない日本っぽいメーカーの扇風機だって、ちゃんと修理して保障が効くんだぜ?実際無料で修理をしたことだってある。つまり日本企業はそれ以下ってことだ。

パナソニック。もうフィリピンから出てけ!
もうお前らに、松下の理想もなにもない。

俺はパナソニックのテレビを買った。結構高かった。
で、設置したら、なんと!アンテナの規格が「タイの規格」。
つまりフィリピンでは使えない。こんなものを堂々と売っているのだ。結局見れないまんま。

なにが日の丸メイドインジャパンだ?ばかにするのもいい加減にしろ。
アメリカカナダ・EUには日本と同じ品質のものを出している。どうして東南アジアには同じことをしないんだ。

俺は、海外住み始めは、ことさら日本のものを買った。日本人だし、ちょっとでもそうしたかったのだ。ちょっと高いけれども、やっぱり同国人のものを買い求めた。でもそれは間違いだった。東南アジアで売っている日本製は、ごみくずと言ってよかった。ああ!たかがこの程度の品質のものしか作れないのだわが国は!韓国台湾、いや中国以下だな。情けない。恥ずかしい。

海外グローバル携帯のCM打ってたAUの携帯g、100V専用で、こっちにきた人間がみんな壊しているのと一緒だ。

日本人担当は、誰もフィリピンに「住んで」ない。
日本・本国から来る人間は、誰もこの国の事情を知らない。
マカティのコンドで、26000Pの「安い」ところに住んでいて、会社の車で工場にいき、パブの女を妊娠させて帰国しているだけだ。そういう相談が俺のところに来るんだからやりきれない。

台湾韓国のものが売れているのは、日本の技術をパクったからだけじゃない。彼らは努力をしている。

日本人よ、いつからそんなに偉くなった?

陛下御行幸

天皇陛下御自ら、新年明けにも、ここルソンにお運びになるという。
日本は真冬というのに、この常夏の島にいらっしゃるのだから、お戻りになられてからの体調管理などは、日本側は是非配慮してもらいたい。

それにしても、ここ数年の日比友好は目覚しいものがあるが、まさか陛下御行幸とは!

陛下は、帝國の為にお亡くなりになった英霊に顕花されるという。
これで、フィリピンで散った英霊も、ようやく笑って眠れる事でしょう。

陛下がお越しになるからには、敵軍の大将、「マッカーサーの像」の隣に、ふたまわりほどデカい明治天皇・昭和天皇像でもビシッと建て、在留邦人うち揃い、こぞって寿ぎ申し上げる程度は最低しなければなりません。日本大使館の力量に期待するところ大です。

普段、日の丸を目にしない私たち。子供手当ても貰えず、選挙権は四分の一。義務教育すら受ける事ができない。国に捨てられた私たちフィリピン在住邦人らにとって、日の丸をマニラの空で、存分に振れる機会などそうはありません。

とにかく事件事故が無いように。それだけが心配です。

いわんこっちゃない

昨日も子供二人が、電線に触って死んだ。
子を二人も失くした親は、いまごろどんなに悲しいだろう。

フィリピンの問題は、こういった痛ましい事故が起こってから、再発防止をしないことだ。
だからまた同じような事故が起こる。俺がこの国に来てから、電線事故は全く減る様子がないし、啓蒙もしていなし、注意もない。大人たちもなにもしていない。子供だったら、電線など遊び道具にうつるだろう。なんら落ち度の無い少年らが、社会がだらしないばっかりに、未来を奪われて死んでいくのは、どう考えても健全とはいえない。これは事故といえるのだろうか。明らかに社会・国・地域社会の怠慢としかいいようがない。

『そもそもなんで、感電する電線がぶら下がっているんだよ?』という、当たり前の事について、誰も危機感をもっていないのだ。だからまた、パスコで電線が重く重く垂れ下がっている。これはフィリピン全土でだ。

洪水だってそうだ。昨日もハデに冠水したようだが、どうして毎年毎年こうなるのか?
都市の排水について、全くなにも考えてない。日本からポンプを援助してやれば壊す盗むの繰り返し。韓国人から「サル」と呼ばれてバカにされ・・・・・くやしくないのか?!

日本は、まだ自身が発展途上国であったころから、人々は常に努力をしてきた。どんな田舎の子供でも読み書き計算くらいはできた。クソ田舎の変人が、世界的な業績を上げるような話は、それこそゴロゴロある。私たち日本人は、『名も無き英雄』が多い。

フィリピンは、どうしても社会の病巣が多い。これを変えるには教育が大事だ。山梨県が、フィリピンの風土病に対して知の支援しているのだが、こういうことこそ国際貢献なのだ。
私たち日本人が、アジアのリーダーとして尊敬されるには、やはりこういう積み重ねが大事だ。

VPNを見抜くエロサイト

技術というものは、ひとえに技術者の良心にかかっている。
「この程度でいいか」「いやいやここまでしっかりやろう」という倫理的判断というのは、技術者のこだわりの部分である。これは車でも、ものづくりでも、ITでも一緒だ。

日本に、DMMドットコムというエロ動画を販売して儲けている会社があるんだが、この会社、海外からアクセスできないようにしている。日本からのアクセスだけ!というように制限をかけているのだ。

フィリピンからアクセスをするとどうなるか。
「オマエの地域からこのサイトは見れない」という、悲しい結果となる。

仕方ないので、東京のサーバをかましてみると、よしよし。きちんと表示されるわけだ。
つまりDMMドットコムは、俺が東京からアクセスしていると偽装したのを見抜けなかったわけだ。

さて、同じくエロで、3Dエロゲームの開発メーカー、イリュージョンという会社がある。
ここは海外からでも見れるのだが、データについては日本国内のみという設計になっている。

同じように東京からサーバをかましてアクセスしてみると・・・。
・・・・なにっ!バレてる!

なにこの無駄な技術wwwww

なぜ、VPN経由の東京サーバからのアクセスを見抜くのか・・・。これは不審な動きをしているIPを細かく潰すか、アクセスをさかのぼって(さかのぼるとアメリカかスイスになる接続だった)潰しているかのどちらかだ。

だが、いっちゃなんだが、ただのそのへんのエロゲメーカーである。
そこまでする必要あるまい?ww
しょうがにゃいので、別経由でアクセスする。ブロックされないIPの中でも、きちんと生きのいいものを使用する。これはさすがに動いてくれた。

それにしても、防がれたというのは、ちょっと俺の中では衝撃を受けたね。まあ俺の手持ちのサーバも、けっこうバレバレだったんだけども、一応DNSなんかも日本にしてあったんだけどな。

まあ、そのへんの零細エロゲメーカーでも、そういう職業的倫理をもった技術者がいるということだ。

謎の防御網を敷いている、イリュージョンに乾杯。

ルソン島無線ネット速度

たまには真面目な日記を一本。

私、この二ヶ月ほど、ルソン島での無線インターネット実速度について、さまざまな場所・時間帯で計測を行ってきた。バッテリーもたくさん持ち歩いて、文字通りひとり孤独な実験である。フィリピンのネット速度ああだこうだの素人談義は山ほどあるとして、一度専門家として、しっかり意見を位置づけておきたかったのが狙い。

そしてどうも分かったのは、契約している速度と、実測とに、あまり関係がないということ。
地域によって、時間帯ごとにつながる、つながらないがはっきりしていることが分かった。

もっとも安定していたのは、マニラ市マカティ・グロリエッタ付近である。
この地域では、実測最大で7M以上出た。逆にいうと、この地域以外は全て、テスト中に途切れたことがあった。

ひどいところになると、有料回線にもかかわらず、朝の3時から5時までしかつながらない。しかもHSDAで、だ。

マカティを中心として、北上していくと、マニラから出たところで急に悪くなる。これはパサイからカビテにもそうだし、パッシグからリサールもそう。マニラから出るとスピードは本当にガクンと落ちる。1Mを切ることがほとんどだ。

また、通常帯域制限をしているはずなのだが(たとえば2M契約ならば2Mまでしか出ないというのが帯域制限)それがどうも無い。

いや、無いはずないんだが・・・。けっこういい加減である。
フィリピンでは、1Mスピードが違うだけで500P、1000Pと金額が上がる。大金だ。
毎月固定で取られるのだから、これは検討の余地がある数字だ。だがこの肝心のスピードは、契約とはどうも比例しないようだ。『1M契約で様子を見て、計測結果によって契約を変更する』というのは生活を考えると、正しい判断といえる。日本と同様の環境を手にいれようとして、いきなり高い回線を契約するのは考えものだ。サーバをひとつかますだけで、制限が外れてしまうようなケースが、今回多々見られたからだ。

スマートネットワーク社のサーバはマカティ・マンダルヨン・パラニャケにあるのだが、この位置関係と関係あるかと思ったが結果は違う。パラニャケはサーバ拠点があっても切れる。

今回スマートを選んだのは、スマートが使う周波数は、日本のNTTドコモの使う周波数帯と全く同一という性質があるので、さまざまな面で比較検討の材料にしやすかったからだ。

ではVPNや、匿名回線を使った接続の場合どうなるのか。
これも計測してみた。VPNは日本、カナダ、アメリカ、オランダ、ドイツ、シンガポール等。
これはやはりVPNの品質にモロに差が出たので、一次プロバイダとVPNとの間のハンドシェイクがうまくいくかどうか、というところに主眼を置いたのだが、これもやはり地域差とかぶる結果となった。

マカティはやはり例外というべきで、完全に東京と同一といっていいだろう。
だがそこから一歩でると不安定になる。が、スピードは1Mは確保できる。この1Mという数字は、動画配信こそ途切れるものの、音声通話に支障は無い程度ではある。
(これはMOAなどの新開発地域でも一緒。完全にエリアの問題だ)
マカティでは、うまくすれば、ネットの契約自体行わなくても、快適にインターネットを楽しめるという、ある意味楽園のようなことができてしまうわけだ。(匿名性を考えると怖くもある)

有線(パソコンの終端までケーブルでつながっている状態)はやはり安定している。今度はこれもしっかり調査していきたい。

新年の爆竹

フィリピンの新年は爆竹と共にはじまる。

これがどのくらい物凄いか、というと、空が煙で見えなくなるくらい真っ白になる。
全部違法だ。

これで指を無くす奴、死ぬ奴、逮捕される奴、失明する奴がウジャウジャいる。
正月のニュースは、これで失明した奴が病院で「違法花火を止めよう」というのが風物詩となっている。まあ止めないんだけどな。

だから正月は病院、火事、フル出動ということになる。

去年からフィリピンの警察は、大晦日と正月は銃を撃ってはいけないということになった。撃っていない証拠として銃に紙を張られて封印される。なんでかっていうと、警察官がハッピーニューイヤーと銃を乱射するからだ。楽しそうでなにより。

俺が感動しているのは、なにが凄いって、この違法花火のネーミングセンスが素晴らしい。毎年毎年、創意工夫を凝らした、強烈なインパクトのある名前の花火が売られるのだ。

今年は「オサマ・ビンラディン」「グッバイフィリピン」ということだが、(注:花火の名前です)いまいちだ。

いまのところ、俺的違法花火ネーミング大賞は

「オカマの涙」。

 

お願いだからまともに走って!

本日のスケジュールは、13:00空港待ち合わせという段取り。万全を期して9:00スタート。

FXで出発。しばらくしたら急ブレーキ。なんだなんだ・・・

あーあ、バイクと接触事故起こしやがったよこのバッカ!

で、なんだかんだともめて、一応解決してまた車は進みだした。
そしてまた急ブレーキ。

このバカまた接触事故起こしやがった!アホバカもおおおおおおおおおお!!!

よく見るとこいつ全然前みて運転してないやん・・・。

で!驚くべきことに、実に驚くべきことに、たかが10キロ進むのに、計4回もの接触事故を起こして、ようやくマニラ中心地に到着。ここまでで四時間以上かかった。
『旅客車両を運行する会社は、運転手に対して教育をする義務がある』、なんて日本はえらっそうなこと言ってますけども、ほんまそうやでぇ・・・・・・頼むから仮免許以下の人間を運転手にしないでください。こっちは選べないんだから・・・。

そしてこれだけ事故を起こして、全部うやむやで済んでしまっているのも悪いけどもな。
もうこういうのって社会が腐ってるからどうしようもない。

もう最後のほうなんかあきらめて降りるヤツなんかもいたしな。
あとはだいたいスムーズだったんだけども、コスタルから空港までのNAIA行のバスって、最近減りましたか?なんか全然いないんですけども・・・。バクラランから乗ったほうがいいんだろうか。以前もこんな経験があったので・・・。

コスタルモールは昔よく行ってました。久々に中にいこうとしたら、完全に、テナント撤退したんですね。俺の家のコップやサラ、エアコンなどの家具は全部コスタルモールで買い揃えたので、ちょっと思い出の場所だったんですが、もうこれで完全に廃墟やな。

で、まあ用事を済ませて、さあ帰るぞと、またバスに乗る。
そしたらこのバス雨漏りする。

もうねぇ・・・。バスの内側の客席にまで雨が入ってくるなんて、これはそうそう無いことですよ?雨漏りのせいで、客席はビッチャビチャ。濡れ濡れです。それにクソバカでかいエアコンが外付けで、もう寒いなんてもんじゃない。スマホのボタン押せないんだもん。
指が、かじかんで。で、コスタルからアラヤ周りの路線だったもんだから、渋滞も重なってもう・・・おまけに俺のカバン紛失して大慌てですよ、もう・・・・・悲惨wwもうやだこの国www

カバンはさんっざん探した結果、切符切りのおっちゃんが、危ないからって運転席の目の前に移動しててくれたことが判明。優しいのね・・・(にっこり)・・・・一声かけてくれてから移動させてくれたら、もっと良かったと思いますよ・・・(ほほえみ)

帰宅したら、帰宅したで、
”避難させてくれー”ってメールが・・・。台風で家が浸水したからと。
いやいや。いやいやお断りします。避難所じゃないんで。うち。

おまえら前回、避難とかいっておいて、俺がとっておいたスパゲッティ1キロも食いやがったやんね。おまけにベッドの臭いがたった一日で恐ろしいことになってたからな。なんだかもう今日は体調悪くなってきたんでパーーース!ブログ書いて寝ますわ。

楽をするための苦労かよ

また最近頼まれごとが増えてきた・・・。

でも、頼まれごとをこなしていると、いいこともある。助けてくれるときは助けてくれる。
今月は、何度か助けてもらったかな。だから頼まれごとを、またこなしている。

それにしてもムチャだという頼まれごとが一件あって、昨日半日くらいやってたんだけども、やっぱ無理だった。

さて、最近は新しいことにチャレンジしている。コンピュータ業界は、どんどん最新の技術を手に入れて勉強しないと、すぐに古くなってしまうからだ。古くてもいいんだけども、やっぱ新しいのはカッコイイ。

昔は、「PCはこちら」「携帯はこちら」なんて分かれているサイトが多かったけども、(携帯にも対応しているぜ!ということ)いまや、そんなのは古い。もうひとつのサイトで全部自動的に対応させないと、ダサいのだ。

そういうことからいうと、最新のトレンドである「動画背景」をやらねばなるまい!と思って手をつけてみたんだけども・・・。これがまた・・・。VHSとベータ、ブルーレイとHD-DVDといった風な規格争いがある。

ネットで流す動画とは、MP4が一番良い。ふむふむなるほど。じゃあMP4にしよう。
(カチャカチャ)あれ、再生しない・・・。

おかしいな、HTML5からはvideoタグだけで簡単に導入できるっていうのに・・。
ああでもないこうでもない・・・。おかしいな間違ってないぞ・・・。
試しにMP3にしてみよう・・・・あれ?再生した?!

・・・え?ひとつの動画に(ひとつの動画に、である)3つの規格を当てはめて、1つ目が再生できなかったらもうひとつ、それも駄目なら3つ目っていう風に、同じ内容のものを三つ作らないとダメなん?

め、めんどくさい・・・。
え、マジで?マジでみんなこんなことしてんの?
クッソめんどくさいんですけど・・・

youtubeが成功したわけだよ・・・。
話はこうだ。MP4という優れた規格があるんだけど、カネの問題で、グーグルは全部MP4をやめた。アップルはフラッシュを止めた。今現在最新ってのは、どうもこの規格争いを乗り越えないといけないらしい。これを設定しないと動画を使ったサイトは作れないのだ。

「それがいやならyoutubeのエンベッド機能を使ってね、たった一行のプログラムで導入できますよ!」という・・・。

そんなことしたくないから、イヤイヤ動画を三つ作成する。(どんな環境でも再生できる完璧なものを作るにはそれしかない)
ああ・・・確かに再生した・・・。確かに外部プレイヤーを呼びださないで動いた・・。
・・・・これ便利なの?(笑)これがHTML5様の、簡単に動画を呼び出せる機能なんか・・。
いやいやいや、他はもっとひどいことになってるはずだからこれはこれでいいのだ。

で、
えーと、何個動画作るって話だっけ。
え、めっちゃあるやん・・・。

・・・・・・。
・・・・・・。

これ、サムネイルとかいろいろ加工もせなあかんのやろ・・・?
今日一日やって、二つか・・。明日以降・・・いや明日は頼まれごとがある・・・しかもパソコンを直して欲しいとか不吉なことを言ってたな・・・

もしかしてクリスマスとかに、動画加工してカチャカチャなんてやってたら・・・。

うっほぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお

5:6禁止!

このブログの読者で、フィリピン在住者がいたら聞いて欲しい。
死にたくなければ5:6止めろ。

5:6とは、500ペソを貸して600ペソを返すという金融だが、これは本当に危ない。
だいたい一般市民の嫌われ者になる。

日本人でこれをやる人、本当に心からやめたほうがいい。絶対いつかトラブルに巻き込まれるし、周囲は助けてくれない。

あなたが歩いているところに、「バイクに乗った二人組みのフルフェイス」が来て、全弾打ち込まれて死ぬ。間違いなくそういう末路になる。止めろ。

命が助かったとしても、あなたの債務者は、みんな貴方を刑務所に送ってくれと言うだろう。
あなたがフィリピンの銀行業の免許のうち、どれかひとつでも持っていなければ違法となるのだ。やめたほうがいい。絶対にこれだけは手をだしてはいけない。

5:6は儲かる。俺もお金は欲しい。でもやらない。まだ生きていたい。

5:6をやっている日本人とは、どんな仲間でも縁を切ろうじゃないか!と声がけが来た。
俺は全面的に賛成した。カゲでやっていてもバレます。

いまから言っておくが、5:6で逮捕された元仲間について、俺は刑務所に差し入れには行くが、助け出そうとはしない。俺がやれるのは、あなたに毛布の一枚でも渡してやることだけだ。ニュービリビットにはいかない。大使館を経由して渡す。

国が違えばルールも違う

ここフィリピンでは、大統領選挙が始まろうとしている。
日本でいったら、まあ内閣総理大臣を、直接投票で決めるわけだ。

さて、フィリピンの大統領。当然俺も立候補する気まんまんなので調べたところ、
少しだけ無理と分かった。

フィリピンの大統領になる条件はこれだ!

(1)フィリピン人を親とし、出生と同時に比国籍を取得したフィリピン人であること

日本は日本国籍さえあればいいので、フィリピンのほうが厳しい!
(帰化してすぐに選挙に出ることができるのはおかしい。)

なるほど、フィリピンの大統領になるには、生粋のPINOYでなければいけないのだ。
それもすぐに出生証明とっていないと駄目!
これは用件としては、難しくいうと、属人主義(どこで生まれたかを問わず、両親の国籍で法的な判断を下すこと)となっていて、フィリピン共和国がアメリカの法体系を倣っていることがよくわかる。その証拠として、どこで生まれたか?についての記載がない。つまり日本で生まれていてもフィリピンの大統領になることは出来るわけだ。

(2)最低10年間の比居住歴
おおーぅ・・・こんな用件まである。人生の内、最低フィリピンに10年いないと大統領になれないのだ!もっともこのくらい居ないと、選挙でなに言っても説得力が無いと思うが。

(3)投票日当日に40歳以上
なんとなんと・・・。なんとなんと・・・。40歳以上でないと、大統領になれない。
(日本は20歳)被選挙権としては、かなり高い設定ですね。平均寿命がクソ短いフィリピンでは、40代というのは、もう人生を閉じる準備をする年齢ですからねぇ。

今後、テレビでフィリピン大統領と、ウチの総理が会うニュースやってたときなんかは、
「あっ、コイツは生粋のフィリピン人で、10年以上フィリピンに住んでいて、少なくても40以上だなっ!」と思ってくれたらいいです。これは俺が保証します。

というわけで、慎重に周囲とも協議した結果、私は今回のフィリピン大統領選の立候補を断念したいと思います。断腸の思いです。

フィリピン、マニラ

今日はマニラ中心部で会議だった。

マンダルヨンからシャングリラを抜け、LRTで20P。久々の電車移動であり、都会の仕事である。その割にはめんどくさいから、またTシャツサンダルでしたけど。
運悪く工事渋滞だったんだけど、「あっそういいよー」でおしまい。このあたりはフィリピンで仕事していて助かるところだ。

そんで肝心の、緊張の会議・・・。絶賛されてしまった(照)
100点です!なんて言われた。悪い気がしない。
さすが俺だな。うん。いつもこうでありたい。
他のIT業者の話を事前に聞いていたらしいんだけど、俺の三倍の値段で、しかも内容がしょぼかったらしいww
俺が持っていったプログラムを一目見るなり、「おおっこれは凄い!」ということになり、
即採用。
うむ、競合他社にもしっかりと勝ったな。まったく戦わずして勝ってしまった。
ただし支払いは早くても来年一月末らしい。(おいおい年越せないんじゃないのか俺・・)

さて、自分で書いておいて言うのもなんだけど、都会はやっぱ違うわ。
ジュースを買ったら、一発で出てきた。計算も早い。iphone6もっている奴なんかも普通にいるし、ネットだって早い早い。もう早くジャングルから抜け出して、人間の生活に戻りたいですよホント・・・。マニラ中心部には文明があるね。忘れかけていた電燈の灯りが・・・みたいな感じでした。

さて、お仕事はバッチリ満足してもらって、俺もやった甲斐があり、よーし頑張るぞーと帰りの電車に乗ったわけですよ。

24P

・・・・・・・・なんで?

ものっすご、ものっすごシンプルな質問します。どうして、同じ路線で、往復で、行きが20Pで帰りが24pなのですかねぇ?

ああ、やっぱりここもフィリピンだった。

注文した品物を客に聞くバカ

どうしてフィリピンってのは、注文した品物を客にきくのだろう?

これはフィリピン人のクセといっていい。

毎日だからイヤになる。同じことを何度もしゃべるのだ。
本当に同じことを何度もしゃべる。あまり感じないかも知れない。聞き返したくらいかも知れないと思うだろう?そうじゃない。

ほんっとうにフィリピン人ってのは、同じことを死ぬほど繰り返すのだ。

つまりこういうことだ。しゃべってる相手がバカかも知れないから、何度も同じことを繰り返すし、自分がミスするとボスに怒られるから、客に聞くのだ。

「注文は?」コーラ「注文は?」コーラ
「あーあ、注文はコーラでいいのね?」うん
会計時「なに頼んだの?」コーラ
「コーラと何頼んだの?」いやコーラだけ
「あー、コーラだけね・・・コーラ?」うんコーラ
(電卓をようやく出す)
「コーラは一本?」
「一本」
「何本?」
「一本」
「あー一本ね」(テーブルを見て、空のボトルが一本なのを確認している)
「一本?(他のヤツにきく)」
「なにが?」
「ドリンク」
「なんの?」
「コーラ頼んだんだって」
「え?コーラ頼んだの?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下延々と続く。だいたいこの三倍。

最近ではもう、俺も慣れて来て、ウェイトレスより先に計算してカネだけ置いて立ち去ることにしている。だって面倒くさいのだ。

地元で暮らしていると、会計が早い店か遅い店かというのは決死の条件。本当にバカを雇ってはいけない。この国では、字が読めない書けない計算できないなんて手合いはゴロゴロいるのだ。「かわいそうに」じゃねぇよ?毎日やってんだぜ?こいつらは。

悩みがある。この店、米がやたらうまいのだ。明らかにうまい米を出しているのだ。
俺はジャップだから米がうまいとなれば通う。だってそんなの通うに決まってるだろうが。
ただ、こいつは米はうまいが計算が遅い。遅いというより、計算を自力で行う思考を停止している。一回腰をすえて説教してやらないといけない。
だいたいにおいて俺は一人だ。おれはいつも決まったメニューを頼む常連だ。
それを毎回同じ会話を繰り返し、同じ注文を確認し、やっぱり同じ金額で、それを周囲に何度も何度も同意を求めているんだからバカとしかいいようがない。だいたいそいつがなんで会計係なのか?

日本ならばどうだ?もう俺の顔をみただけで笑顔で札を受け取り、「チラっ」と伝票を見て終わりだ。

昨日、ついにやってしまった。そいつが電卓で計算するより早く俺が暗算し、ざまぁという表情を見せたら、バカにされたと思ったらしい。まあバカにしたんだけども、プライドが傷ついた(これまたフィリピン人の特長。)らしく、やたら正確に請求してきやがった。

それにしても米はうまいからどうしようかな。

銃弾事件ほぼ終了

結局、空港側は逮捕六名、定職数十名という結果に終わった。

一応の自浄作用はあった形だ。ないよりよっぽどマシだ。
フィリピンの空港は、このように職員がおかしなことをすることが多い。これ以前にもあった。
特に荷物検査はひどい。麻薬を入れて10年以上拘束された日本人もいるし、モニターにゲームが映っていたってこともあった。

ただまあ、こういうトラブルは観光客はあまりない。むやみに不安になってはいけない。
これが途上国なのだ。どの国だってあるくらいに思わないと、海外旅行なんていけやしない。

注目の結果

フィリピンは、実は環境がらみの法律がうるさい。実際逮捕されることもある。
日本人が逮捕されたことだってある。

フィリピン政府は、新しいゴミ山を造るぞーと言い出したんだけど、住民が環境権があると言い出した。まあ、そりゃそうだ。

その結果、住民負けた。建設許可だ。どうも新しい山は、北に多く建設されてきている。
どこの国だって、国相手の裁判ってのは分が悪いから、まあ負けると思ってたけども。

それにしてもフィリピン、いつまでゴミ山と海洋投棄をするつもりなんだろうか。
テレビの企画でゴミ拾いしても仕方ないと思うんだが。

電線

フィリピンの電線はひどい。むちゃくちゃにこんがらがっている。

そこに飾りつけをするもんだから、重量がかさんで、切れる。切れた電線に触って感電死。
これが毎年必ず起こる。

こっちに住んでいるとわかるが、一般市民が平気で電線によじ登って、勝手に店の広告を吊るしてみたり、お祭りのポスターを貼ったりしている。
道路も、穴なんて生易しいレベルじゃなくて、人が落ちたら死ぬレベルのでっかいヤツが、そこらじゅうにある。夜は危ない。

当たり前なんだけど、フィリピンに来たら、ぶらさがっている電線には触るな。
体重かけてターザンの真似事しているガキがいる。あれでケーブルテレビが映らなくなる。

どうしてあそこまでごちゃごちゃなのか。

最初とても不思議だったが、いまは納得している。

たとえばあなたの家があるとする。ところが家を壊した。つまりもう電気は使わない。
そこで電気会社はどうするか?

線を切っておしまい。

そこにまた新しい家が建ったらどうなるか?

また新しい電線を引くのだ。
これを、ケーブルテレビだのインターネットだので行っている。つまりあのゴチャゴチャの大半は、使われていないケーブルなのだ。だからそれを盗もうとしてよじ登って、感電してアフロになる奴が後を絶たない。フィリピンでアフロヘアになっている人間の70%が、電線泥棒だという統計がCNNでやっていたから間違いない。

クリスマスだから保釈

どうしてフィリピンの裁判所は、「クリスマスだから特別に保釈します」なんてことを認めてしまうのか?

クリスマスくらい家族と一緒に過ごしたいんだけど・・・「あ、いいっすよ」
あのさぁ・・・。ま、ヨソ様のお国にケチをつけるわけじゃないんですけどもね。
ヨソはヨソ。ウチはウチですからね。

皇太子殿下ご結婚の折には、ウチだって恩赦しますしね。いいんですけども。

フィリピンで一番治安の悪い時期は12月。これは間違いない。なのに、犯罪者かも知れない人を街に出してしまうのは、賢明な判断といえるのだろうか。
クリスマス保釈は、通常の保釈と違って期間限定保釈(なんじゃそら)で、定められた日時に出頭して、また拘束されるわけなんだけども。

なんのための面会制度なんですかね?フィリピンの面会は、刑務官の立会いなしで行うことも認められているし、法的に夫婦間ならばセックスも出来ます。(これははっきり権利として認められている。なかなかいい制度だと思う。日本は見習うべきだ)

旧札

ちかごろ旧札についての話題が多い。いまんとこ旧札はまだ使えるが、今年でもう使えなくなるからだ。

2015 OK
2016 新札と交換してあげます
2017 交換もしてあげない

こういうことになってる。まだタップリ流通しているのにもかかわらずだ。
旧札を買い取ったり、シラーと押し付けたり、または受け取り拒否したり、いろんな事件が起こってる。

昨日、旧札の偽物を、あわてて使ったバカが逮捕された。(使うならもっと早く使えよ)
なにも事情の分からない観光客が、年末両替したら悲惨だ。ぜったいこれやる両替所あるだろう。間違いなくあるだろう。受け取って、カウンターから離れたら、もうお前がマヌケってことになる。両替所はまったく悪くない。地球の歩き方に書いてないのが悪い。全部自己責任だ。まあ今年はまだいい。まだ使えるし、交換アリだからだ。来年のクリスマスなんて、金が使えなくなるギリギリということで、ちょっと危ないんじゃないか。

RCBCあかんな

RCBC(リサール・コマーシャル・バンク・コーポレーション)、まあ銀行なんだけど。

ここなにげにいいかなと思ってたんだけど、ATMがVISA使えねぇ。

フィリピンの銀行選びとは、ATMの行列をいかに避けるか。言い換えればATMが充実していて、かつ行列に並ばない銀行を選ぶべきだと思っている。

おすすめとしてはチャイナバンク。(バンク・オブ・チャイナではない)ここは人気がないがATMはそこそこある。一番オススメはPSバンクかな。フィリピンの埼玉りそな銀行、と命名しよう。

三大大手銀行
メトロ
BDO
BPI

いいんだけどねぇ・・・・・・・・。ATMの行列とどれだけ向き合えるかが勝負だね。
BPIなんて終わってる。BDOは勢いがあるから数も多いので、まあBDOかな。

他行カードの手数料は200Pもかかる(いくらなんでも取りすぎだ)ので、銀行選びは大事だ。大手と中堅で一枚づつでもいいね。セキュリティバンクなんかも最近は勢いがある。
外人っぽくHSBCでもいいけども、マカティに住んでないと意味ないです。

ジャッペーンのゆうちょ銀行様と提携していらっしゃるランドバンクも、なんだか送金が楽そうでいいんだけど。ここ口座開くのにIDが3つ必要なんだよね。
ID三つだと、運転免許取らないといけないから、外人にとってはハードルちょい高い。
(通常は二つで開設。これはフィリピンの銀行法でそうなってる)

口座開設といえば、フィリピン在住の人らがブローカーになることはよくあるけど、あんなの大したことない。普通に行って開設すればいいだけだ。こっちの口座開設は簡単なインタビューがあるけども、どの銀行だって口座は作りたいから、堂々と受け答えすればいい。支店長に言って、裏で作れますとかあるけど、そんな口座凍結されて対処できんのかお前らといいたい。だいたいそういう話は紹介者がグルだ。

NBI!Goood Job !

国家警察がやりやがった(笑)

NBIが、空港で、わざと銃弾をもってエックス線をくぐりまくった結果、なんと一回も検査にひっかかることなくスルーしたらしいwwwwwwwwwwwww

ひとりふたりではなく、何人もが何回試しても、呼び止められることはなかったということだ。
空港赤っ恥であるwwwwざまああああああああ

この間の誘拐事件解決もお手柄だったけど、フィリピンNBIは、たまにおもしろい捜査をしてくれる。

コメントも秀逸だ。

『実際もっていても見抜けない職員ばかりなのに、どうして客のカバンから続々と銃弾が出て来るのか?職員が入れているとしか思えない』とのこと。
その結果89名停職処分だって。

ちゃんとこういうことをすれば、外国人観光客だって、安心してくることができるというものだ。
たのんますよ、フィリピンさん!

銃弾事件その後

マニラの空港で、なぜか旅客の荷物から銃弾が出てくる一連の事件。
大統領まで乗り出し、専門の弁護士まで出て、BBCやNHKにまで報道され、世界の恥と言われた結果どうなったか?

なんと!

これまで銃弾が出てこなかったほかの空港でも「銃弾恐喝」が行われるようになった。

つまりこういうことだ。銃弾を持っているといって恐喝し、現金を脅す手口を、他の職員が報道で知った。これでマニラは大騒ぎになったわけだ。

そしてフィリピン国内の、他の職員はこう思ったわけだ。
「なにっ!こんなおいしい手口があったのか!」

ということで、これまで一件も銃弾を見つけたことがないような空港でも、旅客の荷物から続々と銃弾が出てくることに。
逮捕すれば手柄になるし、ワイロをもらえばカネになる。政府は「銃弾を紛れ込ませることなど不可能!」と自分たちを守ってくれる。ああ、なんという素晴らしい職場環境だろう。

さすがにフィリピンの一部政治家でさえも「こんな国に観光に来ようと思う外国人がいるだろうか?と批判しているが・・・

ええ、全く同意見です。

で、その銃弾というのは、どのくらい摘発されているのかというと、マニラの空港だけで実に100件余!

そんなに銃弾ばっかり出てくる空港、アメリカにだって無い。銃社会でありえないほど銃弾が出てくるということはありえないのだ。

ということは、単純だ。
確率統計上、明らかに職員が入れているということだ。

帰国ラッシュ

年末年始を前に、仕事先の奴らが日本に帰国している。
時期的に、このタイミングが、どうも「ちょっと帰っておこうかな」と思うようだ。

なにしろクリスマスは絶対フィリピンにいないといけない。となると正月も無理。帰るなら今なのだ。

 

APECその後

前回、APECで撤去された屋台の話を書いた。

昨日、その場所にいってみた。
(わざわざいったわけではない。そこはバスの乗り換え地点としてちょうどよいのだ)

屋台は、無事に復活していた・・・。それはいい。

その屋台で、まさにその屋台で、撤去した奴らがメシを食っているのである。

これは無いよな。

健康福祉庁長官が、「なんで街をきれいにするのか?ありのままのフィリピンを、各国メディアに見せればよいではないか!」(つまり翻訳:撤去した結果職にあぶれたこじきが沢山きて大変だ。仕事増やすんじゃねぇ)とかいっていたのがうなずける。

なにしろこの街の浄化作戦というのは、浄化された人たちの行き先がないので、取り締まっても元に戻るしかないのだ。彼らだって仕事は、やりなれた屋台以外やりようがない。

APECがおわったら、いつものだらしないフィリピンだ。
昨日、帰ろうとしたら、全車線が下りになっていた。交通渋滞を減らす策らしいが、危なくってしょうがない。ようは車線の半分を逆走させて、マニラから離れる車を逃がすということなんだけども、逆走しているなんて知らないから、一般の車が入ってくる。
当然、事故も起こる。その事故でまた渋滞している。だいたい市民にむけて、逆走してくるバイクだの車両だのが、歩道まで走ってくるのを、MMDAが率先してやっているのはなんというか・・・。なにも考えてない。
市民も「逆走慣れ」しているんだから、もう手に負えない。一番トップで逆走すれば、いっきに距離をかせげるので、ガキや女、屋台がいる歩道にまで全力疾走してくる。
結果、人がはねられるんだけど、誰も救護せず、ボーっとみてるだけ。その野次馬で、また渋滞が起こる。車同士の事故だって、車をどかさないのはなんなんだ?車道で延々と喧嘩していて、後ろは数キロ先まで大渋滞。こんなんばっかりだ。

「マニラから出る車が多いなぁ。これが渋滞の原因だ。どうしよう」
「逆走させればいいんじゃね?」
「それだ!」

おかげで、おれはいつまでたってもマニラまで戻れない。仕方ないからトボトボと歩いて、逆走車線の止まっているバスに乗るはめになった。バスに乗るだけで、夕方に終わった仕事がもう夜。たかが20キロ程度進むのに、帰宅時刻は23:00である。

これを本当にやっているのがバカすぎる。APECのときは国民を何キロも歩かせ、民間の飛行機を止めて(これは観光客も満載しているのに)そんなことやっている。
アメリカと日本のトップがきて、フィリピンの味方をするという大事な話し合いだったからねぇ。分かるんだけど、町並みがきれいきたない関係ないから。

カネがないなら知恵を出せよ。もしも脳みそがあるのなら。