クリスマスだから保釈

どうしてフィリピンの裁判所は、「クリスマスだから特別に保釈します」なんてことを認めてしまうのか?

クリスマスくらい家族と一緒に過ごしたいんだけど・・・「あ、いいっすよ」
あのさぁ・・・。ま、ヨソ様のお国にケチをつけるわけじゃないんですけどもね。
ヨソはヨソ。ウチはウチですからね。

皇太子殿下ご結婚の折には、ウチだって恩赦しますしね。いいんですけども。

フィリピンで一番治安の悪い時期は12月。これは間違いない。なのに、犯罪者かも知れない人を街に出してしまうのは、賢明な判断といえるのだろうか。
クリスマス保釈は、通常の保釈と違って期間限定保釈(なんじゃそら)で、定められた日時に出頭して、また拘束されるわけなんだけども。

なんのための面会制度なんですかね?フィリピンの面会は、刑務官の立会いなしで行うことも認められているし、法的に夫婦間ならばセックスも出来ます。(これははっきり権利として認められている。なかなかいい制度だと思う。日本は見習うべきだ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中