フィリピンの銃

フィリピンは銃の所持が法律で認められている。どうなっているかを書こう。

まず銃は、成人なら誰でも持っていい。許可制だ。無犯罪証明とか、そういった書類は山ほど必要だが、とにかく持てる。外国人でも所持は合法。

所持のライセンスには細かい規定がある。
・家の中だけ所持OK
・車の中に置いてもいいよ
これは一番緩い。

持ち歩いてよい、というのは少しハードルが高い。バランガイポリスのライセンスだったり、警察協力者だったりすると良いが、家の中だけのライセンスの場合は持ち歩きは違法となる。

家庭に銃があって、お父さんが子供に絶対触るな!というシーンが、アメリカ映画なんかにあるけども、だいたいそんな感じ。法的にいえばフィリピンのほうが厳しい。

銃の所持で大変なのが、税金だ。こっちで銃を持つと、税金がかかるんだが、それが結構高い。国の重要な財源になっているのだ。まるで日本のタバコだ。

銃は、フィリピンでは残念ながら必要だ。はっきりいいって怖い。身を守るために、家に銃を置くのは、なんら悪いことではないのだ。勝手に敷地に入ってきたら射殺する。これが当然認められているわけだ。それが犯罪の抑止力になっている。
外国人だと金を持っているから、銃持っているヤツも多い。これはフィリピンの犯罪者にとっては怖いわけだ。

ちょっと撃ってみたい人は、銃の練習場にいけば撃てる。観光客がきもちよーくぼったくられているのをよく見かける。練習場は、なにも紹介など要らない。ブラっといって、レーンが空いていれば撃つことができる。
行ってからの場所がわかりにくいんだが、観光客なら日本大使館からイントラムロスに行くロハスの道沿いに、HKプラザという建物がある。場所がここからわかりにくいんだが、とにかくこのHKプラザの敷地内に練習場がある。ハンドガンはもちろん、ショットガンやマシンガンもある。興味のあるかたはどうぞ。一万円も持っていけばお釣りが来る。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中