ついにナンパ禁止?

ケソン市で、セクシャルハラスメント禁止となる。

(1)電話番号を何度も聞く(2)路上で女性に口笛を吹く(3)しつこくデートに誘う(4)いやらしい言葉使いで話しかける–などの行為は「軽度」のセクハラと見なされる。

これは朗報かもしれない。なにしろフィリピンってのはナンパする男が無茶苦茶多い。

例えばあなたが、女性とデートをしていたとする。まあメシでも食うわけだ。
すると男性が近づいてきて、電話番号を聞いたりするのである。

俺自身、この経験が、二度や三度や四度ではない。いま目の前に俺という男とメシを食っているにもかかわらず、である。

一度テーブルの代金を全部知らない奴が払ったことがあった。???なんで???と思ったら電話番号を聞き出しているのである。

フィリピンでは、小さい犯罪というのは、ほぼ逮捕されない。罰金か、ゴミ拾いボランティアということになる。

それにしたってペナルティがあるのと無いのとでは違う。いままでなかったのがおかしいのだ。

痴漢犯罪はビンタとか、そういう原始的な国から前進したわけだ。
日本はみながルールを守るのに法律条例がありすぎて息苦しいけど、フィリピンは自由すぎて取り締まりをしてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中