あのさぁ・・・

コンピュータセキュリティについて、こんな記事を見つけた。今日のニュースなので引用する。

仮想プライベートネットワーク(VPN)をつくる

インターネットの利用状況 を他人に知られないようにするには、仮想プライベートネットワーク(VPN)をつくるといいかもしれない。そうすることで、政府機関やハッカーがあなたの 情報にアクセスするのを阻止することができる。これが最も安全な方法で、海外へ行くことが多く、安全なネットワークの確保に不安がある人には特に当てはま る。

ブロックされたコンテンツへのアクセス

仮想プライベートネットワーク (VPN)を使うと、ブロックされたウェブサイトへのアクセスが可能になる。一部の国では特定のオンラインショップやウェブサイトへのアクセスがブロック されているが、VPNを使えばどこにでもアクセスが可能だ。自分のIPアドレスを隠すことができ、身元を識別されない「幽霊」になれる。

以上

まるでVPN万能といったところだ。

こういう生半可な知識では、とても身元を隠すことなどできはしない。

まず1.だけど。VPNを使えばハッカーを阻止できる?
なにいってんだかわかんないんですけどw
VPNがもっとも安全な方法だってよ。

じゃあねぇ?DNSがプロバイダ使ってたらどうすんの?
位置情報は?そもそもVPNの中には怪しいサービスだってたくさんあるし、実際VPNが情報を漏らして逮捕された例だってある。

この記事をうのみにするとこうなる。
フェイスブックアカウントはBANされる。(これは確実)グーグルの認証も厳しくなる。

で、その被害を回復するには、個人情報をたくさん出して証明するしかなくなるわな。

VPNは確かに偽装には向いている。それは間違いない。プロキシはもう過去だ。
しかし結局VPNだろうとTORだろうと、使っている奴がバカならばれるということだ。

実際ハッカーと話していると、こういう話題にはならないことが多い。

VPNを選ぶのではなく、まず国を選ぶ。
たとえば自分がアフガニスタンにいて、政府とつながっている人物ならば、VPNを利用する意味がないわけだ。職業でそういうことをする人たちというのは、もうそこまでの結論が出ている。IPが漏れてもいいのだ。

日本という国で、なにか安全をはかるのであれば、回線速度を活かしたものを考えないといけないけども。
正直思いつかないね。

VPNを使うのであれば、最低でも、どの国につなぐのかということをまず触れてあげないとね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中