いい加減さも時にはいいね

いやーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すいません。

オーバーステイしてしまいました(笑)

オーバーステイとは、許可されている日数を超えているのに、手続きをしていない状態のこと。
日本の場合、強制送還の対象となるこわい行為だ。

フィリピンのブログには、手続きがらみの情報はたくさんあるけどオーバーしたらどうなるのかについて書いている記事がないので書きましょう!
もっとも検索にひっかからないブログなので、よほど運のいい人しか見ないけど。

フィリピンは、実はオーバースティしても良い。犯罪とはみなされていないのだ。
ただしペナルティがある。一か月につき1,000ペソ。(これは一日でも一か月換算される)

つまりVISAの更新代とペナルティさえ払えば、何十年オーバースティしてもいいのだ。世の中カネなのである。

以前、新日系二世が、日本国籍を認められた際、念願かなって日本に「帰国」しようとしたら、フィリピン入管が待ったをかけて、20年分のオーバースティとなる!と出国させなかった例がある。
これはさすがに日本が「バカなんですかねぇ?フィリピンさん・・・うちの国の国民になにしてくれちゃってんの?なぁ?え?頼んますよ?(意訳)」と言ったら一日で撤回したけども、支援者が買った飛行機代が無駄になり、結局飛行機代の捻出をするのが大変だったらしい。
(フィリピン人として生きていて、国籍がフィリピン人だったわけだからオーバースティになるといわれても困るわな。一種の法の遡及適用になってしまったわけだ)

あ、脱線した。

まあそんなわけで、俺も今回はペナルティかと思ったら!なんと、ノーペナルティだった(笑
なんでだよ!じゃない。一応解釈としては合ってる。その理由を書こう。

コンピュータで管理されている入管が、日付というごまかしようのないことをやって、さらに俺に便宜を図る理由など何一つないよね。(俺はそういったフィリピンコネクションというのは、命の危険以外は使わない)

今回、ペナルティがない理由。

まずフィリピンは、公休日のカウントがおかしいことがある。ルールがころころ変わるから。例えば入国初日はカウントしないとなれば、一日過ぎてもいいわけだ。(じゃあはじめっからその日付でスタンプ押せよということにもなる。

また建前もある。日本人のエントリービザは59日間だ。これが正しい情報です。

よく30日と言っているブログがあるが(JTBやら外務省やらみんな30日と言ってるが間違いです)

実際フィリピン外務省はこう言っている。

「日本人には59日間のエントリーVISAを与える。ただし30日以内に一度出頭すること。60日を超えた場合は身分を確定しなさい」

これが公式見解だ。ヤッフー知恵袋だの、フィリピン在住ブログだの、旅行ガイドだの外務省海外安全情報は全部間違い。

30日以内の出頭と、支払いと、手続きがあるから、実質は更新のように思っていいんだが、正確には違う。
だから正確に知らない奴は、ろくに英語も読めない、フィリピンなんちゃって事情通程度の奴らでしかない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中